Off Off New York Tours
ちょっと、おしゃべり・・・

それいけ!イエローキャブ

イエロー・キャブの運賃
初乗り2.50ドル、1/5マイル毎50セント。ケネディ空港とマンハッタン間は一律52ドル。(2012.9)

タクシー値上げ
夏のバケーション明けの9月4日に、イエロー・キャブの運賃が17%値上げとなりました。(2012.9)

ケネディ空港とマンハッタン行き来料金
ケネディ空港とマンハッタン間の料金は一律52ドル。プラス有料通行料とチップ。メーターは稼働させません。有料通行料はEZPass(イージーパスというETCを利用)料金。(2012.9)

ニューヨーク・ブログ「ニューヨーク大好き」より
タクシーのチップ相場(2012.7)
グリーン・キャブ登場(2012.6)
タクシーの運転手の人種(2012.5)
タクシー料金値上げ(2012.8)
タクシーのチップ相場(2012.7)
タクシーは誰のもの?(2011.10)
次期イエローキャブが日産ミニバンに決定((2011.5)
タクシー・ドライバーも辛いです(2011.2)
イエロー・キャブの営業ライセンス((2010.10)
イエロー・キャブの不正続出(2010.5)
イエロー・キャブの相乗りシステム(2010.3)
イエロー・キャブの運賃ごまかし(2010.3)
イエロー・キャブとトラックの接触事故((2010.1)
タクちゃん、携帯電話使用を止めて(2009.10)

トピックス


イエロー・キャブの支払い方法
現金、クレジットカード払いが可能です。しかしクレジットカード払いを機械が壊れているなどという理由(ウソか本当か?)で拒絶する場合もあります。(2010.11)

運賃不正
昨年2010年の調査で、イエローキャブ運転手の45%が少なくとも1回は乗客から正規運賃以上を取ったという。特に悪質な59人は逮捕されました。タクシーに設置されたGPSがすべて記録しています。今後故意にすることはないでしょう。(2011.8)

乗車拒否は違法
イエロー・キャブは乗車拒否をしてはいけません。しかし覆面乗客による取り締まりで、ブロンクスやブルックリンなどのマンハッタン郊外への乗車の27%が拒否されました。罰金$500。(2011.12)

料金ごまかし:メーターに注意!
料金所のスピードを速める為、タクシーのメーターには、運賃の他に、"Rate"と書かれた横に番号が点灯されています。マンハッタン内は"Rate 1"です。"Rate 2"と表示されている場合は、ニューヨーク市郊外の料金で2倍となります。(2010.9)

イエロー・キャブの営業権
オークションで70万5000ドルで落札される。最高値。(11.8)

タクシーの乗り合い・システムが不人気
現在乗り合いタクシー乗り場は、ポート・オーソリティ・バス・ターミナルとスタッテン島フェリーのセント・ジョージのスタンドのみです。(2010.10)

イエロー・キャブに忘れ物をした場合・・・
忘れ物検索サイトで確認できます。領収書に明記されたタクシー番号を打ち込むと、車両の現在地や連絡先がわかります。
nyc.gov/apps/311(
2011.3)

グリーン・タクシー
マンハッタン西110ストリートと東96ストリートより北部とマンハッタン外4区で路上で手を挙げて拾えるメーター付きのタクシーが今後1年間に6000台、3年間で18000台が認可されます。(2013.6)

タクシー代値上がり
ニューヨーク地下鉄を管理するメトロポリタン交通局の財政を救済するため、11月1日よりタクシー代の初乗りに50セントの税金が加わり、2ドル50セントから3ドルに値上がりました。(2009.11)

タクシーが捕まりづらい時間
イエロー・キャブが夕方ラッシュ時の4-5pmに捕まえづらいのは、この時間帯に運転手が代わる時間帯である会社が多いのです。通常運転手は2交代制です。指定の時間に会社に車を返却しなくてはいけないのです。タクシーのサインが"OFF DUTY"は回送という意味で、車返却の時間が近づいているので、完全に営業停止か、または返却の時間に間に合わないところには行きませんということです。(2011.3)

ケネディ空港からのイエロー・キャブにご注意
メーター制なので騙される心配がないということで、ガイドブックなどで紹介されているイエロー・キャブでも運転手によっては、英語を話さない海外からの乗客をを騙すことが報告された。覆面調査官が乗った24台のイエロー・キャブのうち13台が通常以上に料金を取った。そのうちの2台は$100以上を取ったというので、これは完全な犯罪だ。(2006.6)
ケネディ空港とマンハッタン内の行き来は、メーターは稼働させません。一律53ドルです。プラス有料通行料、チップ。

空港からマンハッタンのホテルまでのイエローキャブ
ケネディー空港からマンハッタンまでのイエローキャブの料金は一律$45と決められているので、メーターは回さない。運賃が45ドルといっても有料通行料は含みとなっていない。通常空港のあるロング・アイランドからマンハッタンにはミッドダウン・トンネルという有料(5.5ドル)を利用するのでその料金が運賃の45ドルに加えられる。さらにチップ(15%ほど)を加えると、60ドルが必要である。運賃が一律45ドルと決められたのは、タクシーの運転手が遠回り(もし自由の女神が見えたら遠回り)をすることを防ぐ為なのだが、客によってはトンネル代だといわれて10ドル取られたとか、税金だといって(そんなものはない)、料金を上乗せするケースがあるのでご注意。(2005.3.1)

白タクにご注意!
空港に到着したら違法に高額料金を請求する白タクにご注意。空港の待ち合わせ場所に出ると、“タクシー、タクシー、マンハッタン”と声をかけてくるのが白タクだ。もし観光会社の送迎がなく、滞在先まで自力でいかなくてはいけない場合は、この誘いに乗らないようにしよう。誘いにのってちょっとでも考えるとすぐにあなたのスーツケースを手助けするように引っ張って外で待機している車に連れて行かれる。この時は愛想が良く、悪い人とは思えないかも知れないが、ホテルについて200ドルとか300ドルと請求してくる。驚いて文句をいうと少し安くするケースもあるようだが、初めから捕まらないように!特に国際線が到着するケネディー空港にはたくさんの白タクが待ちかまえている。危害を加えられたと聞いたことないが、寂れたスラム街のハーレムで止まって、いま先払いで料金を払えといわれた人もいる。支払ったらしっかりとホテルまでは連れて行ってくれたというが・・・。タクシーに乗るなら黄色い車が、ニューヨーク市で正式にライセンスを取ったメーター付きのタクシーなのでこのイエローキャブに乗ろう。(2005.3.1)

ハングリーなイエローキャブ
昼は渋滞でストレスが溜まり、夜は強盗などの危険を伴うタクシーの運転手はあまり人気のある職業ではないようだ。アメリカで生まれ育った運転手の割合はとても少ないだろう。運転手のほとんどはインド、中東、南米、アフリカなどで生まれた移民ばかりだ。頭にターバンを巻いている人もいる。とにかくお金を稼ぐ為に、早く人を捕まえて、目的地で降ろして、次の客を捕まえようと、飛ばす、飛ばす。ということでタクシーの事故はとても多い。スピードを落としてくれといっても聞くことはない。またタクシーにはチップが必要(10-15%)だが、おつりを返さず、残りはチップだとおつりを返さない者もいる。すべてがひどい運転手というわけではないが、日本の丁寧なタクシーに慣れてる人は、ニューヨーク名物イエローキャブと思って我慢するしかないか。または苦情を聞く機関があるのでそこにクレームを上げよう。車の後部座席に乗ると、目の前の全部座席の背に運転手の名前、登録番号と苦情機関の電話番号が書かれている。

1945年のイエロー・キャブ
2013年からイエロー・キャブとして採用される日産のミニバンは29000ドルだそうです。1945年当時の車両代は$1250、タクシー営業ライセンス代は$2500(現在最高$1,000,000)。(2012.4)

イエロー・キャブの台数
イエロー・キャブは現在13,237台。ハイブリッド車が1,400台。トヨタのミニバン、シエナ1,100台、車いす乗車可能231台、フォード・クラウン・ビクトリア10,506台。(2008.9)
 

イエロー・キャブの営業権が最高記録
車いす乗車可能タクシータクシーの営業権の相場は60万ドルを超えています。(2010.10)

ニューヨークのタクシーは安全
ほとんどのニューヨーカーはイエロー・キャブなどのタクシーの安全性を疑っているが、2003年と2004年の間、100万マイル(160万キロ)あたりの事故率はタクシーは4.6、他の車、バス、トラックは6.7と調査された。(2006.4)

イエロー・キャブ車内にタッチ・スクリーン
イエロー・キャブの後部座席に、乗客情報モニター(Passenger Information Monitor)と呼ばれる、指で触ることで情報を得ることができるスクリーンが設置されています。このモニターは、観光情報、ニュース、天気予報、ザガット・レストラン情報、音楽からテレビ番組まで楽しめる。またクレジット・カード読み取り機もついているので支払いも可能です。
(2010.9)

イエロー・キャブ・アプリ登場
イエロー・キャブを捕まえるアプリが開始されました。(2012.8)

タクシー運転手の人種
ニューヨークのタクシーの運転手は4万3402人いるが、その人種構成は、トップがバングラディッシュ約5200人となり、以下はパキスタン、インドからの移民となっている。(2007.3)

タクシー運転中の携帯電話使用
運転中の携帯電話使用は違法です(以前は乗客がいても運転手は携帯電話を利用していました)。タクシー運転手はワイヤレスであっても違法です(一般の車はワイヤレスにすれば合法)。捕まった時の罰金は$200。2回目の逮捕にはタクシー免許停止に、3回目にはタクシー免許取り消しになります。(2010.10) 

タクシー乗車拒否
平日昼間、マンハッタン郊外へ行くと、帰りに乗客なしで帰って来る時に、橋が混雑して時間が掛かるということで、乗車拒否をするケースが多発しているといいます。どんな理由でも乗車拒否は違反です。(2010.11)

シートベルト
自家用車では90%の人がシートベルトをしますが、イエロー・キャブでは乗客の65%はシートベルトをしません。2009年の調査では4093件のイエロー・キャブの事故があり、その内41%しかシートベルトをしていなかったそうです。(2012.2)

クラウン・ビクトリア
かつてはイエローキャブのほとんどはフォードのクラウン・ビクトリアという車種でした。よく自動車火災となっていました。走っているうちに煙が出て、燃え出すのです。現在製造停止となりました。(2011.4)

 

ちょっと・・・おしゃべり 



おしゃべり


ニューヨークの治安が良くなっていることで女性のイエロー・キャブの運転手が増加しています。現在全体の1%だそうです。メーターのない相場制のカーサービスではさらに女性の割合が高くなっています。(2016.6)

イエロー・キャブの運転は大変疲れる仕事です。彼らは長時間運転する必要があります。こんな環境で10年、20年、30年も運転して、運動もしない、健康管理もしないとなると心臓発作とか脳卒中になる危険性がある。それも運転中ということもある・・・。定期的健康診断を義務付けるような提案があります。(2016.4)

NYではタクシーの運転手が乗客の女性に言い寄ったりするようなセクハラを防止する為に罰金を課すようになります。ところで先日NYからペンシルバニア州までイエローキャブに乗った女性は運賃600ドルを払わず、詐欺として逮捕されるという事件がありました。どっちもどっちというNYです。(2016.4)

ケネディ空港の正規タクシー乗り場からイエロー・キャブに乗るとマンハッタンまでの料金はメーターは稼働せずに一律$52、有料通行料$8、時間により渋滞追加料金、チップで$70から$80なのですが、高額な金額を請求される詐欺が報告されています。(2016.3)

女性に対する性犯罪は地下鉄よりタクシーの方が14対1の対比で発生率が高いそうです。(2016.1)

タクシーがクレジットカードを取れるようになって9年。便利なんだけど、現在の機械はスクリーンで広告やら天気予報やらが常に放映されていてうるさい。スクリーン無しでスマートフォンで支払いが可能になるという試験が開始されます。(2015.10)

ケネディ空港のイエロ・キャブ乗り場にタクシー待ち時間の電光掲示版が設置されるそうです。まずは日本からの直行便が発着するデルタ航空を含むターミナル4から設置されます。(2015.8)

タクシーはイージーパス(EZPass)というETCを利用して有料通行料を支払っています。このイージーパスを利用すると通行料がディスカウントになるのですが、乗客には現金料金を請求しているケースがほとんどです。これは違法となります。(2015.7)

イエロー・キャブは、乗客の人種、性別、年齢、性的指向などで乗車拒否をしてはいけません。また市内の場所では乗車拒否もいけません。マンハッタンからブロンクスは遠く、ブロンクスでは乗客が捕まらず、マンハッタンに戻るまで空で走るのを嫌がる運転手は多いようです。(2015.6)

タクシーの事故を減らす為に、スピードが出すぎると運転席が振動するとか音声警告が出るというシステムの車両が10台、試験運転を開始しました。これでカミカゼ・タクシーが無くなる?(2015.6)

時間帯によると道路は黄色一色のイレロー・キャブ。市内には約14000代のイエロー・キャブが登録されています。運転手は12時間労働。運転手の3分の1がラッシュアワーの4pmから6pmにシフトを変えるために、営業を停止する為に、利用者が不便を被っています。(2015.5)

イエロー・キャブは運転が荒いとかサービスが悪というのが一般の評判ですが、車内をミラーバールなどでギンギラギンにして、噴水や金魚5匹で乗客をもてなすというパキスタン系移民のタクシーがあります。乗りたいです?(2015.3)

イエロー・キャブはクレジットカードが利用できて便利です、さらにスクリーンに料金明細も提示されます。さらにチップの金額も選択できます。チップは純粋に運賃に掛かるのですが、有料通行料や税金を加えた後にチップを計算して高くしている会社もあります。(2015.1)

イエロー・キャブは日産のミニバンに統一、というニューヨーク市の決定からタクシー業界の反発、そして訴訟にもつれ込み、ほとんど日産のミニバンは目にしないが、ハイブリッド車は除くというような例外を認めることで、日産化をこの4月から段階的に開始するそうです。(2015.1)

イエロー・キャブ約14000台の半数を7年以内に車いす対応車にする計画です。(2013.12)

イエロー・キャブの運転手にキリスト教の牧師がいるそうです。乗客の悩みを聞いてあげたりして、奉仕しています。いろいろなことがいっぱいのニューヨーク。(2013.11)

イエロー・キャブの営業権はオークションにより値段が決まります。先日のオークションでは、ハンディキャップの人が利用できるタクシーの営業権2台分が251.8万ドルで落札されました。2008年の同様のオークションでは130万ドルでした。結局は投資目的で購入されるので、値段が上がっているのです。(2013.11)

「明日のタクシー」。今年10月28日からニューヨークのイエロー・キャブが日産のミニバンに統一されるという計画は、州の判事が待ったをかけました。市は上告するそうですが、どうなることやら・・・。(2013.10)

夜走っている車はイエロー・キャブばっかりですが、郊外ではほとんど走っていません。営業権益の決まりにより郊外では車体が緑のグリーン・キャブの営業が認められ、開始されました。(2013.8)

タクシーはクレジットカードが使えるようになっていますが、時々機械がクラッシュします。オンライン障害があるのです。そのような時、乗客は現金を持っていないと言って、運賃を払わずに行ってしまうそうです。(2013.3)

タクシーに遠回りされているか判断できるアプリが登場。"Tax Turvi"を利用すると自分が乗車した所から降りた所までがGPSによりグーグル地図に明記されます。(2013.3)

イエロー・キャブはメーターがあるので安心して乗車できるのですが、実は料金には4つの体系があります。市内利用なのに郊外料金設定にしてボッた件が以前大掛かりに摘発されましたが、未だに違法課金しているドライバーがいるそうです。(2013.3)

ブレーキなど偽物の自動車部品がイエロー・キャブの修理工場で利用されていることが判明。タクシー委員会は、年に3度の整備点検があるので、問題ないといっています。(2013.2)

かつては運転手へのクレームが多かったイエロー・キャブ。最近はクレームが減少し、賞賛が増えているそうです。楽しい会話、忘れた財布を届けてくれた、不審な男を追っ払ってくれた、など。(2013.1)

イエロー・キャブは娼婦を乗せると罰金が課せられますが、そうでない(派手な服を着た)女性を避けると乗車拒否となります。タクシー委員会はどのようなケースが違反かそうでないかの教育ビデオを作製して、公開しました。(2013.1)

イエロー・キャブ・アプリの利用が可能となります。お持ちのスマート・フォンからイエロー・キャブを呼び、支払いもそのまま登録されたクレジットカードで支払うことができます。まずは1年間の試験期間として開始されます。(2012.12)

観光客を騙して高額の運賃を請求したり、いろいろな所に駐車して迷惑となっている輪タク、ペディキャブ。今まで運賃がブロック(街の区画)毎の距離でしたが、これからは乗車時間の分刻みとなります。(2012.12)

イエロー・キャブの営業表示を営業中か非営業中かの2つの表示方式にすることで乗客の混乱を避けるようになります。回送(OFF DUTY)の表示がなくなります。(2012.12)

イエロー・キャブの料金値上げと共に車体のロゴが変わりました。かつては料金体系が車体に掲示されていましたが無くなりました。これはわかりづらいということでまた料金体系を車体に掲示すべきという意見がでています。(2012.12)

ニューヨーク・ファッション・ウィーク中にパリス・ヒルトンがイエロー・キャブの中で、ゲイ・バッシングしている会話が運転手に録音され、インターネットに流れました。法律的には録音は問題ないとのことですが、一般市民も乗車中の会話録音には苦い顔。(2012.9)

2013年から日産のミニバンがイエロー・キャブとして登場しますが、この車はまだハイブリッドではありません。現在いろいろな車種のイエロー・キャブ営業していますが、5000台以上がハイブリッドなので、新キャブは排ガスを減らす市の意向に反しているのです。(2012.9)

夜遅くケネディ空港に着くとイエロー・キャブがまったくおらず、白タクだらけだそうです。通常イエロー・キャブ1台でチップ込みで$60以下ですが、白タクはバラバラの個人を4人乗せて1人$60取るそうです。イエロー・キャブはいないし、相乗りでも支払う料金は同じなので、人は文句も言わずに利用するそうです。(2012.9)

イエロー・キャブの車体のタクシー・ロゴが変更になります。黒字丸の中に黄色で"T"の文字だけ。味気ない・・・。(2012.9)

タクシーがまたインチキしています。最近のものは無料の橋を通っても有料にする手口です。過去では市内でも割高の郊外料金で計算したり、有料通行料支払い所でわざと渋滞のひどいところを選んで時間料金で加算していました。(2012.8)

イエロー・キャブの乗車人数はセダン4人、ミニバン5人です。子供は12歳以下は2人で大人1人の勘定となります。またドライバーがいいといえば、犬も乗車できるそうです(人数に入るかはわかりません)。(2012.7)

ニュース

イエローキャブ
許可台数が1900年代初頭から変わっていないイエローキャブの営業権はかつてオークションで高騰し、2014年には130万ドルの高値を付けた。しかしウーバーなどのカーサービスにより価値は25万ドルまで落ちているという。ローン購入者に破産の恐れ。しかし市長の援助なし。(2017. 2)

日産ミニバンが公式イエローキャブに決定
数年にわたる裁判の結果、イエローキャブが日産のミニバンNV200に認定されました。9月1日からイエローキャブの新車は、車椅子乗車用又はハイブリッドであれば自由という特別許可を持つ500台以外は日産のミニバンとなります。値段は$29,700。(2015.9)

運賃値上げか?
2006年以来値上げのないイエロー・キャブが運賃値上げしてくれー、と叫んでいます。約20%程の値上げ案です。市長は、物価(ガソリン代)も上がっているから、よっしゃ、よっしゃと述べています。日本よりかなり安いですが・・・。(2012.5)

グリーン・キャブ登場
イエロー・キャブに対し、6月よりマンハッタン西110ストリート、東96ストリート以北とマンハッタン以外のニューヨーク4地区で営業するメーター付タクシーの車体は色が緑となるようです。(2012.5)

タクシーの営業許可拡大
郊外ではあまり見かけないイエロー・キャブ。夏までにイエロー・キャブでないメーター付のタクシーがマンハッタン西110ストリート、東96ストリート以北とマンハッタン以外のニューヨーク市4地区で営業を開始します。(2012.4)

マンハッタン以外は空港行く以外に見かけないイエロー・キャブ。ドライバーは郊外は乗客がないと乗車拒否をする。イエロー・キャブ以外のカーサービスが、マンハッタン96ストリート以北とマンハッタン以外のニューヨーク4地区でメーター付の営業を夏までに開始します。(2012.4)

タクシーへの苦情
ニューヨークのタクシーに対する苦情1番は、郊外への乗車拒否です。続いてドライバーの携帯電話使用運転、乗客への態度の悪さ。(2012.4)

目の不自由な方へ
タクシー料金の支払いで目の不自由な人に便利なように、音声で料金を知らせてくれるソフトを料金支払機に設置することが発表されました。5月末までに1250台、最終的には6600台に設置するそうです。(2012.4)

携帯電話で支払い
ニューヨーク市では、イエロー・キャブの運賃を携帯電話で支払うことができるアプリを開発する人を探しています。またそのアプリで、飛行機のフリークエント・マイルのような特典や相乗り情報も得られるようにということです。イエロー・キャブもハイテクになっています。(2012.3)

イエロー・キャブ増車
イエロー・キャブの経営ライセンスが増加することになり、そのライセンス販売オークションで、ニューヨーク州は財源を確保できます。その額、10億ドル。(2012.2)

車内にiPad
イエロー・キャブの車内には、近年テレビ・モニターが設置され、コマーシャルが流れていますが、50台に実験的にiPadが設置されました。乗ったら止められない。(2012.2)

罰金踏み倒し
運転が荒いイエロー・キャブやカーサービス。彼らは罰金2430万ドルも滞納しているそうです。チケットを切られても個人まで追求され、取り立てられないので、無視されているのだそうです。何の為の違反チケットなのか?(2012.3)

イエロー・キャブ増車
イエロー・キャブの台数が2000台増加します。(2011.12)

空港でのタクシー待ち
ケネディ空港でのイエロー・キャブ待ち時間が長く、利用者の評判が悪い。運賃ごまかしを防ぐ為にマンハッタンまで一律$45という運賃が、運転手にとっては納得できないらしい。(2011.11)

タクシーの広告
ニューヨークのイエロー・キャブの屋根には広告塔のついた車が多いですが(ユニクロの広告もあります)、車内のモニターにもいろいろと宣伝が放映されています。さらに運賃レシートの裏にも広告を載せようという計画があります。現在の小さなレシートがかなり大きくなるそうです。(2011.12)

クラクションがうるさい!!!
街のクラクションの音がうるさいと感じるのはニューヨーカーも同じ。その発生元のほとんどはタクシー。ついにタクシー委員会長が、クラクションを鳴らしたタクシーは罰金$350と警告。(2011.10)

タクシーの広告
イエロー・キャブの営業権を持つ人、又は会社が、車体の上に広告を載せることを決める権利がある。しかし営業権を借りて自分が所有する車体で運転するイスラム教徒のドライバーが、自分の車体にストリップ・クラブの広告が載っているのは我慢ができないと、訴え、勝訴!(2011.9)

タクシー犯罪増加
故意に料金をぼったり、郊外へのサービスを拒否したりして問題のイエローキャブですが、強盗などの犯罪が増加して、被害者に・・・。(2011.5)

乗車拒否罰則強化
マンハッタン外への乗車拒否の罰則を重くする法案が通りました。初犯は$350から$500への値上がり。2年間に2度目の犯行は$500から$1000へ。3年間に3回犯した場合は罰金$1000に追加でライセンス取り消し。(2011.5)

イエローキャブの乗車拒否
イエローキャブの乗車拒否が、2010年は前年比38%増となり、当局は罰金値上げや、免停、免許取り消しなどの罰則を強化する計画。(2011.3)

イエローキャブのハイブリッド化強制は違憲
イエローキャブ13,237台の内、4,400台がハイブリッド車という。ニューヨーク市はすべてのイエローキャブをハイブリッドにする条例を作ったが、最高裁で違憲とされました(2011.3)

次期イエロー・キャブは?
イエローキャブは現在いろいろな車種の車が走っていますが、2014年より1車種になります。その最終審査に残っている3車種の中で、市民が選ぶデザイン・コンテストでは、トルコ製のミニバン「カルサン」が1番人気。日産のミニバンが次点で、最後がフォード。(2011.2)

イエロー・キャブが運賃値上げ要求
19%も。初乗りが$3から$3.50。1/6マイル毎に40セントが、1/5マイル毎へ。ケネディ空港へは、$45から$53へ。(2010.11)

タクシーの乗り合い・システムが不人気
アッパー・イースト、アッパー・ウエストを含む3路線のタクシー乗り合い・スタンドが7ヶ月を経て、廃止へ。ポート・オーソリティ・バス・ターミナルとスタッテン島フェリーのセント・ジョージのスタンドは残すという。(2010.10)

ラガーディア空港から乗り合いタクシー
今年3月にマンハッタン内開始され、好評というイエロー・キャブの乗り合いプログラムが、ラガーディア空港にも登場予定。平日7am-10amと4pm-8pmの間。1人$18 - $22の予定。(2010.9)

料金上でのごまかし
料金所のスピードを速める為、イエロー・キャブはETC(電子料金支払い)の利用が義務付けられているのだが、故意に混雑している現金払いのレーンに入って、時間稼ぎによる運賃ごまかしをしている運転手がいる。またETCはディスカウント運賃が適応され、運転手はその料金を乗客に請求することとなっている。(2010.9)

タクシーへの取り締まり強化
運転が荒く、たくさんの事故の原因となっているイエロー・キャブ。今年既に1132人が免停、免許取り消しになった。昨年は1年間で32人。(2010.6)

運賃ごまかしは御法度!
料金メーターを細工して、運賃を騙したイエロー・キャブの運転手633人のタクシー免許取り消しが検討されている。ニューヨーク市内でメーターを郊外料金に設定して運賃を騙したのです。(2010.5)

タクシーも辛いです
幾らかのホテルのドアマンが、空港へ向かう客をタクシーに案内する時に、タクシー運転手にチップを要求していることが判明。ラガーディア空港$5、ケネディ空港$10、ニューワーク空港$15がチップの相場だそうです。(2010.5)

タクシー相乗りが空港送迎にも
マンハッタン内で開始されたイエロー・キャブの乗り合い。好評の為、ケネディ空港とラガーディア空港への送迎にも乗り合いを可能とすることを検討中とのこと。料金は1人$20。スーパー・シャトルはどうする?(2010.5)

タクシーへのクレーム増加
タクシーへのクレームが2007年の2,477件から昨年は4,158件へ増大。クレームの内容は、遠回りをする、クレジット・カードが使えない、市内で郊外料金を請求された、など。(2010.4)

タクシーの接客態度
イエロー・キャブの運転手の運転の荒さや客扱いはひどい。運賃をぼったり、悪口を言ったり、客を殴るというケースもある。2005年以来、100人程のドライバーが、タクシー免許取り消し。(2010.4)

イエロー・キャブの過剰請求
イエロー・キャブ・ドライバーの4人に3人は、乗客の運賃をごまかしたことがあるという。1乗車平均$4.45の過剰請求。(2010.3)

タクシー・ドライバー、気をつけて
運転中の電話通話に厳しい罰則が課せられたタクシー・ドライバー。さらに乗車中の乗客はドライバーが電話をしている場合は、その場で市民サービス(311)に電話をかけることができる。3度捕まったら免許取り消しだよ。(2010.2)

イエロー・キャブが乗り合いに・・・
今秋より同じ方向に向かう乗客が乗り合いで、低乗車料となるタクシーやグランド・セントラル駅などから規定のルートを通る乗り合いタクシーも開始されるという。1000台予定。(
2009.6)

カード払い乗客はいい乗客
12月の約3週間の調査で、イエロー・キャブの乗客の平均運賃がカード払いは$14.99、現金は$10.13とわかった。チップはカード払いは16%と現金払いの10-15%よりもいいことがわかった。(
2009.1)

イエロー・キャブが緑色に?
イエロー・キャブのハイブリッド車化が進んでいるが、ハイブリッド・カーのイエロー・キャブの車体を緑にするような案が浮上している。(2008.7)

クレーム減少
昨今の取り締まりが強化の結果、クレジット・カードの使用を拒否したり、料金のぼったり、横柄というようなイエローキャブの運転手への乗客からのクレームが減少傾向となっている。
(08.2)

イエロー・キャブの営業権が最高記録
車いす乗車可能タクシー2台組が131万ドル、通常のタクシーが1台52万4000ドルで競り落とされた。(2008.5)

イエロー・キャブの取り締まり
クレジットカードの利用拒否や運転中の携帯電話使用など、運転手のモラルが問題となっているイエロー・キャブを乗客に扮した覆面検査員が取り締まりを開始した。(2008.1)

ハイブリッド化が進むイエロー・キャブ
現在375台のイエロー・キャブがハイブリッド車であるが、2012年までに前者がハイブリッド車となる予定。(2008.1)

花柄イエロー・キャブが登場
イエロー・キャブがニューヨークに登場して100周年目を迎えたイエロー・キャブが 、9月12日から子供たちによって描かれた花柄のシールが貼って市内を走り始めた。(2007.9)

イエロー・キャブのモデル・チェンジ
今後5年以内にイエロー・キャブのハイブリッド化を目指すニューヨーク市は、それに合わせてタクシーのモデルも変更される見込み。
(2007.7)

イエロー・キャブのライセンス料が60万ドルに!
5月29日にイエロー・キャブの営業許可ライセンスが60万ドルで販売された。引退する為に販売したパキスタン人が1981年にライセンスを購入した時は3万ドルだったという。
(2007.5)

イエロー・キャブがハイブリッド・カーに!
2012年までにすべてのイエロー・キャブがハイブリッド・カーになる予定という。(2007.5)

ニューヨークのタクシーイエロー・キャブの利用場所
ニューヨーク名物のイエロー・キャブの利用者の80%がマンハッタン内で降りるという。ほんの8%がマンハッタン外や空港での降車を希望する。(資料TLC)
イエロー・キャブ13,087台、カーサービス27
,000台。(資料TLC)(2007.4)

イエロー・キャブの車体デザイン変更
ニューヨーク名物のイエロー・キャブが車体に"NYC Taxi"のロゴを入れて、料金体系の表示は簡潔にするという。(2007.4)

イエロー・キャブがイー・タクシー(eTaxi)に
車内にタッチ・スクリーン・モニターが設置されはじめ、乗客がニュースや音楽を自分の好みで楽しめるようになったイエロー・キャブ。タクシー業界はさらにグローバル・ポジショニングを利用し、タクシーが走っている周辺の店の広告を自動的にモニターに映し出したり、乗客が「スターバックス・コーヒー」のアイコンをクリックすると、周辺の「スターバックス・コーヒー」の位置を知らせるなどの広告を開発し始めている。
(2007.1)

渋滞料金値上げ
交通渋滞時に2分毎に40セントが加算されたイエロー・キャブ料金が、2006年12月から1分毎に40セントと値上がった。これにより値上げ額は最高27%にも至っている。これでドライバーの時給は$24ぐらいになったという。
参考運賃:
ペンシルバニアからメトロポリタン美術館$18.50
グランド・セントラル駅からジャビッツ・コンベンション・センター$6.90
シティ・ホールからロックフェラー・センター$14.10
リンカーン・センターからブルックリンのグランド・アーミー・プラザ$34.50
(2006.12)

イエローキャブ料金値上げ
2004年に、初乗り運賃やラッシュ・アワーの追加料金などが値上げされたイエロー・キャブだが、今度は渋滞時の待ち時間の料金が1分間20セントが、2倍の40セントとなるまた現在ケネディ空港からマンハッタンまで一律$45とされていた運賃が、マンハッタンからケネディ空港へ行く場合にも適応されることとなる。これは利用者にとって魅力があると思う。実施は2006年の12月から。(2006.11)

電気自動車のイエローキャブが登場!
この2、3ヶ月のうちに排気ガスゼロの電気自動車がイエローキャブとしてニューヨークを走る。車体はクライスラーのPTクルーザー。最高速度は80マイル(約128キロ)、1回の充電で120マイル(約192キロ)と限界はあるが、イエローキャブ登場100周年を来年に控えて、タクシー委員会は254台の電気自動車イエローキャブを認可した。(2006.9)

タクシー運転手は増収
昨年5月のタクシー運賃の値上げは、7ヶ月後も乗客減少につながらず、結果として運転手とタクシー会社は増収となっている。タクシーの平均乗客運行は39回から38回とほとんどかわらない。しかしタクシーの平均乗車距離2.6マイル(約4.2キロメートル)で、6ドル85セントから8ドル45セントに値上がった。それにより運転手1日の売り上げが、2003年の263ドル7セントから314ドル53セントとなった。平均26パーセントの値上げは8年ぶりであった。またタクシーは現在1万2787台がニューヨーク市を走る。(2005.01)  

2004年5月3日よりイエローキャブの値上げが実施された。値上げは8年ぶりのこと。基本料金が2ドルから2ドル50セント、追加5分の1マイル(約320メートル)毎が30セントから40セントに値上げとなる。深夜の追加料金は50セントで変わらないが、ラッシュアワーの4pm−8pmは1ドルの追加料金が加算される。ケネディ空港からマンハッタンの一律料金は35ドルから45ドルに値上げされる。また今後はクレジットカードでの支払いが可能となる。(2004.05)

イエローキャブの平均乗車料金
2004年5月3日よりイエローキャブの運賃が値上がった結果、2.6マイル(約4.2キロメートル)乗車と5分間の信号待ちや渋滞の待ち時間から算出されたイエローキャブの平均乗車料金は、値上げ前の$6.85(約750円)から$8.45(約900円)となった。(2004.07)

13日、2003年5月のタクシー料金の値上げを受け、イエローキャブでない、メーターがなく地区または距離により運賃が決定するタクシーの運賃が、1994年以来値上げされ初乗りが1ドル値上がり、6ドルとなった。(2003.6)

4月24日、イエローキャブの営業ライセンスのオークションで初めて30万ドル(約3300万円)以上を記録した。平均的な値段は29万ドルで、最も高かったものは311万ドルであった。ニューヨーク市は2006年までに900のライセンスをオークションで販売する計画である。(2004.04)

2004年4月、タクシー・リムジーン・コミッションは、イエローキャブ営業の権利(メダリオン)をオークションで販売する。最低価格は23万300ドルから。このオークションは2006年までにイエローキャブを900台増車する計画の1部である。現在のメダリオンの価値は25万ドルと見られている。(2004.04)

ニューヨーク市には登録タクシーが12187台。
タクシーは1年間に平均6万4千マイル(約10万キロ)走る。
2002年にタクシーは1日平均65万人を運んだ。
タクシーの運賃平均は$6.85である。
2002年度にタクシーについてのクレイムは11913件。(
2003.11)

イエローキャブは、ニューヨーク市で正式に営業免許を取り、登録したメーター付のタクシーで、車体を黄色に塗っている。このイエローキャブ営業免許は個人で持って個人タクシーとして営業している者もいるが、ほとんどは会社が所有している。

イエローキャブに対すクレームが、昨年と比べて17パーセントも増加している。6月30日に終わった2003年会計年度で4万人の運転手に対して1万1913件のクレームがあった。運転手の乗客への言葉による虐待違反は14.2パーセント増加の713件、身体的虐待違反は2.3パーセント増の132件となった。また乗客があげたタクシーの走行に対するクレームは1.5パーセント増であった。(2003.10.20)

イエローキャブの運転手の給料は?
会社に属している場合、イエローキャブの運転手は会社に車のレンタル料と保険料として、一定の料金を支払う。またガソリン、洗車は自費となる。つまりイエローキャブの運転手の収入は、運賃メーターの料金とチップから上記のコストを引いたものである。もちろん駐車禁止などの罰金チケットも自己負担

ニューヨークのタクシー運転手600人への調査によると、経費を引くと1日の仕事の後、家に持ち帰ることができるのは平均22ドルという(タクシー産業はその認定を疑っているが・・・)。約62パーセントの運転手が家賃やローンの支払いが遅れているという。3分の2は家族の中で唯一働いている者だという。このレポートは1996年以来、運賃を値上げするという運転手の後押しをする意図を持っている。インフレを考えると、タクシー運賃は1967年以来で最も安い。またアメリカの14都市の中でニューヨークは2番目に安いという。タクシー・グループは1マイル(約320メートル)につき50セントの値上がりを望んでいる。つまり5分の1マイルごとに30セントから40セントへの値上がりを意味する。ケネディー空港からマンハッタンまでの一律料金を35ドルから45ドルに値上げしたいと思っている。(私は数年前新聞でイエローキャブの運転手は平均125ドル稼いでいると読んだことがある。悪くはない稼ぎだと思ったが・・・。)

 ホーム | ブログ | ニューヨーク観光ツアー | ミュージカル・チケット手配 | サイトマップ | 問い合わせ