Off Off New York Tours
 ホーム | ブログ | ニューヨーク観光ツアー | ミュージカル・チケット手配 | サイトマップ | 問い合わせ
過去の地下鉄情報

最新 地下鉄情報


過去のニュース

ホリデー・シーズンにレトロ地下鉄車両
メトロポリタン交通局は、12月30日までの毎週日曜日10amから5pmまで、地下鉄Vラインの2アベニュー駅からクイーンズ・プラザ駅まで1930年代から利用された古い地下鉄車両を運行する。(2007.12)

地下鉄運行管理にマネージャー登場
遅れ、運行の乱れなどが多いニューヨークの地下鉄。この問題を解消する為に、地下鉄各路線にその路線の問題点を確認するマネージャーが登場。(2007.12)

地下鉄7番ライン延長工事来週開始
現在終点のタイムズ・スクエアから北西に1.5マイル延長する為のトンネル工事が来週にも開始される。(2007.12)

地下鉄2アベニュー線が始動
このほど国より地下鉄2アベニュー線の予算13億ドルが認可された。(2007.11)

クレジットカードが地下鉄乗車に使用可能に!
地下鉄の現在利用されている乗車支払い方法のメトロカードの他に、現在実験的に行われているマスターカード付きのシティバンクのカードによる乗車方法が、今後ビザ、アメックスというようなクレジットカードや銀行系カードで利用できるようになる見通し。(2007.10)

地下鉄、市バスの値上げ案
現在黒字のメトロポリタン交通局は、2009年からの借金返済により発生する見込みの膨大な赤字を埋め合わせる為に、来年より6.5%から8%の値上げを予定している。(2007.10)

地下鉄車両の搬入状況
メトロポリタン交通局から400の車両受注をうけたフランスの会社は、現在までに200車両を搬入する予定が、現在80と遅れている。しかし260車両の受注を受けた川崎重工は180車両を搬入し、予定を上回る早さで契約を全うしている。(2007.9)

地下鉄7番線の評価
メトロポリタン交通局が実施している利用客のアンケートで地下鉄7ラインは、総合評価C-(可の下)と評価された。(2007.9)

利用者への地下鉄アンケート
路線ごとの地下鉄をその乗客に直接評価してもらう為に、メトロポリタン交通局は地下鉄全線のアンケートを開始した。(2007.8)

地下鉄ランキング2007
ニューヨーク市地下鉄22路線のめぐる、最近のレポートで、最優秀路線は1番路線で、最悪はCとW路線と発表された。(2007.8)

ニューヨーク市地下鉄と市バスが値上げか?
メトロポリタン交通局の最新の予定では、赤字解消のため、ニューヨーク市地下鉄と市バスの運賃値上げは、2008年は6.5%、2010年より2年毎に物価値上げに合わせて値上げが必要という。(v07.8)

ニューヨーク市地下鉄及びバスの値上がり必須
専門家によると、ニューヨーク交通局は2008年には8億ドルの赤字が見込まれ、2010年までに20%の値上がりは必要という。(2007.6)

地下鉄2番街線の工事着工
マンハッタンの東側の住民期待の地下鉄2番街線の工事が4月12日に開始された。建設費は計算するたびに上昇し、現在38億ドルが必要という。まずは第1段階として、63ストリートから96ストリートの区間開通を目指す。完成は2013年予定、1日20万人の利用見込み。(2007.4)

メッツ球場へは地下鉄で!
大リーグのニューヨーク・メッツは、現球場の駐車場に新球場を建設中のため、2000車両分の駐車スペースが減らされているという。(2007.4)

地下鉄待ちに朗報
次の列車が到着するまで待ち時間を表示する電光掲示板が地下鉄L路線のホームに実験的に導入された。2009年までに156駅に導入される予定。(2007.3)

地下鉄利用者増加
2006年の地下鉄乗車数がのべ150億となり、1952年以来最高となった。平日の平均乗車数は720万。平均運賃が$1.29となったのは、ディスカウントのメトロカードの人気を示している。また市バスも年間7億4100万乗車数で前年比0.7%増。(2007.3)

地下鉄の遅れは規則破りの乗客の為
2006年の地下鉄の2,363の遅れの原因は、遅れる仲間を待つ為に車両ドアが閉まるのを押さえるなどするエチケットのない乗客とされている。この原因は前年に比べ、57%アップとなった。。(2007.3)

地下鉄の新路線工事開始
マンハッタンの東部を走る地下鉄が、西と比べて少ないということで、検討されていた2アベニュー路線の工事着工が来年2007年夏開始されることとなった。(2006.11)

地下鉄新線工事開始するか?
マンハッタン内には地下鉄路線はたくさんあるが、東側は路線が少ない。1929年に計画されながら、完成できなかった2アヴェニュー路線が2008年から工事を開始するようだ。まずは96, 86, 72ストリート駅の完成が2013年で、工事予算は38億ドル(約4550億円)。その後、路線は125ストリートからローワー・マンハッタンのハノーバー・スクエアまで延長される予定。(2006.9)

2006年地下鉄ランキング
地下鉄の乗客が評価した地下鉄ランキングで、6番路線が時間の正確さ、明確な車内放送、車両の清潔度等で高い評価を受け、地下鉄路線中で総合最高ランクの評価を受けた。評価が最も低いのは、NとW路線。(2006.8)

地下鉄、市バスの値上げに少しの時間
2003年以来2度の値上げを実行しているメトロポリタン交通局は、2007年1月からの値上げを9月まで延期すると発表した。値上げ率は5%。(2006.7)

地下鉄乗車券読み取り機
ニューヨーク市の地下鉄、バスにメトロカードが導入されて、便利になったが、入場の際に地下鉄のメトロカードの読み取り機にうまく読み取られることができずに、苛立つ人は多い。ついに先日からスマートカードと呼ばれる乗車券や特定の銀行カードで機械にかざすだけで読み取られる機械の導入試験が開始された。実験期間は6ヶ月。(2006.7)

地下鉄車両の清潔度
5月に行われたシュミュッツ・レポートといわれる乗客の意見による地下鉄車両の清潔度調査で、地下鉄車両がきれいだと評価したのは47パーセント。昨年の61パーセントから下降した。このレポートでわかったことは地下鉄の路線によって大いに評価が違うこと。4番路線は94パーセントが清潔だと答え、E路線はたったの4パーセントが清潔だと回答された。(2006.6)

地下鉄構内の公衆電話
ある調査団体によると、800を越える地下鉄構内の公衆電話のうち29パーセントは故障していることがわかった。地下鉄利用者によるとその調査は間違いだ、7割は故障しているはずだという。(2006.5)

地下鉄重罪事件減少
2006年3月の地下鉄の重罪事件は前月より45%減って179件となった。強盗は50パーセント減、窃盗は43パーセント減、暴行25パーセント減。また今年1月から3月の重罪事件は前年同時期よりも減少している。(2006.4)

半額ホリデー・パスで乗客増加
地下鉄、市バスを運営する首都交通局(MTA)の10億ドルの黒字を市民に還元する為、昨年の感謝祭11月24日から新年1月2日までの週末の乗車代を2ドルから半額の1ドルにしたことで前年度より430万人増加した。(2006.4)

メトロカード販売機が防犯機器に!
かつて地下鉄テロが話題になったニューヨークの地下鉄システム。警官による乗客の荷物検査はかつての話し。現在まったくのんびりとしたもの。しかしメトロポリタン交通局はメトロカード販売機のタッチ・スクリーンから乗客が爆発物を取り扱ったか感知し、当局に連絡されるような販売機が作動するか様子を見るという。(2006.4)

メトロポリタン交通局の黒字は5180万ドル
ニューヨーク市で地下鉄及びバスなど取り扱うメトロポリタン交通局の2005年の黒字は5180万ドルと発表された。地下鉄の乗客数は、12月はストのため11%減ったが、2005年の1年間ではこの50年間で最も多い。乗車数の増加と乗車料の値上げの結果、2004年より3%の収入増加をもたらした。(2006.3)

地下鉄線路の火事増加
2005年地下鉄線路の火事が20%も増加した。そのほとんどはたいしたことはないが、この火事による列車の遅れの本数が40%増加した。(2006.3)

2005年度の地下鉄犯罪減少
のクリスマスまでの地下鉄犯罪数は3062件で、前年より5.5%減少し、1997年度の同時期の半分となった。(2005.12)

地下鉄、市バスのエチケット条例
このほどニューヨーク交通局は、現存する条例に加え、新たに地下鉄及びバス乗車に関する“乗車の規則”条例を施行した。特に予てから禁止されている乗車中の飲酒、ゴミ捨て、喫煙に関しては、違反者は退去させれる、罰金が課せらる、さらには逮捕されることも有り得る。“乗車の規則”は地下鉄駅に掲示され、またサイト www.mta.info で確認できる。(2005.12)

地下鉄、市バスが利益還元
ニューヨークの地下鉄、市バスなどを運営するメトロポリタン交通局が本年度7億ドルの黒字を出したことから感謝祭から新年に掛けて乗車料金が割引となる。感謝祭の11月24日から27日までとクリスマス・イブの12月24日から新年1月2日まで、そして12月中の週末は地下鉄、市バスなどの乗車料金が半額の1ドルとなる。また乗り放題券も7日券は1日、30日券は4日か9日間延長される(2005.11)

地下鉄路線別評価
2年連続で6番線が地下鉄路線の催行の評価を受けた。6番線は路線の中でも最も新しい車両の幾つかを利用していることで、きれいだという評価だ。とても混んでいるというデメリットもあるが、その短所を乗り越えた。続くのは、1、9番路線、4、E、J/Z路線と続く。最悪の路線は、2年連続でN。運行状況が悪い、混んでいるという評価。
(2005.8)

地下鉄車両が汚い
ニューヨークの地下鉄がだんだんと汚くなっている。昨年の9月から12月にかけて、22路線2200車両を調査した結果、車両がきれいとされたのは、前年より5パーセント減り、61パーセント。1と9番路線が一番汚れ度が高く、ほんの14パーセントがきれいとされた(2005.5)

地下鉄のゴミ
交通局は2004年16394トンのゴミを地下鉄構内から回収したという。これは1997年より4000トン以上増加している。しかし昨年度の1280駅の清掃夫は合計1280人で2003年の1326人から減少している為、駅内のゴミ収集が間に合わない状況。また線路内での火事が2003年の1330件から6%増加しているのは、ゴミが線路にあふれているためと説明される。ゴミの増加は、乗客の増加に伴っている。(2005.4.5) 

メトロカードの値上げ
2月27日より乗り放題メトロカードの値上げが実施された。メトロポリタン交通局の7億ドル(約730億円)の負債を埋める為に、乗り放題券の1日券が4ドルから5ドルへ、1週間券が21ドルから24ドルへ、30日券が70ドルから76ドルへ値上げとなる。1回の乗車料金は2ドルのまま据え置きとなった。(2005.3.1)

地下鉄乗車数増加、平均運賃減少
ニューヨーク市地下鉄の2004年の乗車数が、2003年より3パーセント上昇して過去最高ののべ14億人となった。しかし乗車数の上昇と2003年の運賃値上げに関わらず、メトロポリタン交通局は赤字である。乗車料金は2ドルであるが、メトロカードの割引乗車の為、1回の乗車料はメトロカード導入前の1996年より14セント安い1ドル24セントとなっている。その為今月27日よりメトロカードの乗り放題券が1日券が4ドルから5ドルへ、1週間券が21ドルから24ドルへ、1ヶ月券が70ドルから76ドルへ、急行バスが4ドルから5ドルへ値上げとなる。1回の乗車料は2ドルで変わりはない。(2005.3.1)

落書き車両
車外に落書きをされた車両が名物でもあったが、現在は落書きをされた車両は見あたらない。最新車両は落書きをされても簡単に消すことができる材質で作られている。しかしそれにもめげずガラスに傷をつける落書きを試みる輩もいる。そのため傷のつかないガラスを開発中とも聞く。多くの車両はカナダ製か日本の川崎重工が受注している。(2005.2)

夏の地下鉄車両
夏、地下鉄車両には冷房が入るが、冷房が利いていない車両もある。ホームで地下鉄を待っていて、前後の車両に人が多いのにこの車両は空いているのはなぜかと思ったら、まず冷房が入っていない、壊れている車両だ。または悪臭を放つ浮浪者が居座っているため。(2005.2)

地下鉄のトイレ
地下鉄の駅には防犯のためトイレがないので、とても不便だ。ペンシルバニア駅やグランドセントラル駅などのような郊外への列車が乗り入れる駅以外にはトイレがない。(2005.2)