ホーム | ブログ | ニューヨーク観光ツアー | ミュージカル・チケット手配 | サイトマップ | 問い合わせ
ニューヨーク観光写真館

自由の女神はアメリカとフランスの友好のシンボルとして、1886年にフランスより贈られた。像の制作者は、フレデリック・オーギュスト・バルソルディ、像の中の鉄骨はエッフェル塔のギュスターブ・エッフェルが担当した。台座は寄付金でアメリカが準備した。女神の顔はバルソルディの母親がモデルといわれている。

自由の女神の入場方法

1931年に完成したエンパイア・ステイと・ビルは現在ニューヨークで1番高いビルである。381メートル。展望室は86階と102階にある。1年と2ヶ月余りで完成。1週間に4階以上の早さで建築された。大不況時だった為、60億ドルの見積もりが41億ドルで完成。

ニューヨーク観光ブログ
ニューヨーク大好き〜エンパイア・ステイト・ビルディング

独立戦争後、ニューヨークが1785年から5年間アメリカ最初の首都となり、ジョージ・ワシントンが1789年に初代の大統領となり、この場所で就任宣誓をした。

ニューヨーク観光ブログ

世界の経済を左右する金融の中心。1792年に24人の仲買人により始められる。現在の建物は1903年に建てられた。 20世紀初頭のボヘミアの街として知られるグリニッジ・ビレッジに位置するワシントン・スクエア広場の北面、5番街を迎えるこの凱旋門はアメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン就任100周年に建てられたモニュメントである。

ニューヨーク観光ブログ

かつて商業寺院と呼ばれたウールワース・ビルは1911年に完成した時には世界一高いビルとなった。60階建241メートル。百貨店王のフランク・ウールワースは建築費1550万ドルを現金で支払った。 1800年代は海運港として栄えたサウス・ストリート・シーポート。人気店が入る3階建てショッピング・センターのピア17からブルックリン橋がきれいに見える。 アジア圏を除いては世界一の規模を有するチャイナタウン。勿論お薦めは食事だ。飲茶を楽しもう。 チャイナタウンに呑み込まれた感はあるが、マルベリー・ストリートはイタリア街の雰囲気が一杯。陽気なイタリアンの呼び込みが面白い。 1850年代に商工業地として栄えたソーホーは、1960年代までには商業的価値が低下し、放置されていた建物をお金のない芸術家が安く借り、芸術家の街として栄えてくる。現在は高級ブティックが並ぶようになった。



ジョン・レノンがかつて住んでいたアッパー・ウエスト・サイドのダコタ・ハウスは1884年に建てられた。レナード・バーンスタインやジュディー・ガーあランドも住んでいた。また映画ローズメリーの赤ちゃんで利用された。

ニューヨーク観光ブログ:ニューヨーク大好き
〜ジョン・レノンとダコタハウス

セントラルパーク西72ストリートから公園に入ると、ストロベリー・フィールドという一画があり、ジョン・レノンの歌のイマジンのモザイクが地面に描かれている。 南北4キロ、東西800メートルのセントラル・パークは都会のオアシスである。20年程の年月をかけ、1873年に完成した。日中たくさんの人がジョギングをし、夏期は日光浴で人が溢れる。 セントラル・パーク沿いの5番街はミュージアム・マイルと呼ばれ、たくさんの美術館、博物館が並ぶ。200万点以上の美術品を所有するメトロポリタン美術館、現代美術館のグッケンハイム美術館、大富豪アンドリュー・カーネギーの旧宅を利用したデザインのクーパー・ヒューイット美術館、自己収集の美術品を自宅ごと開放したフリック・コレクション、ユダヤ美術館、ゲーテ・ハウス、ニューヨーク市博物館、南米文花のムゼオ・デル・バリオ美術館等が並ぶ。
1930年代より開発されたロックフェラー・センターは19本のビルからなり、ニューヨークのビジネスの象徴である。1日に6万人が働き、17万人以上が訪れる。プロメテウス像の広場は冬場はアイス・スケート場となる。 マンハッタンの摩天楼を眺めるにはマンハッタンを出た方がよい。左はマンハッタン東のルーズベルト島より、右はマンハッタン西のハドソン川沿いのハミルトン公園よりの眺めです。ルーズベルト島には地下鉄またはトラムというロープーウエイで、ハミルトン公園にはフェリーまたはバスで行くことができます。 自由の女神行きフェリー。 かつてはユダヤ系、イタリア系などの白人の住宅街であったが、住宅乱立により、値崩れし、1890年ごろから黒人が住み始め、黒人街を形成する。1920年代には20万人の黒人が住み、ハーレム・ルネッサンスと呼ばれ、黒人文化が栄える。
かつて悪名高かったが、再開発され、活気にあふれるフォーティ・セカンド・ストリート。ライオンキングの劇場、映画館、ホテル、ロウ人形館、ヤンキース・ショップ、キティーランド、よしのやなどが並び、歩いて楽しい道となりました。 グリニッジ・ビレッジは、バーやライブハウスが集まり、夜になるとたくさんの人が集まってくる。 ブルックリン地区のリバー・カフェ横からウォール街を眺めた夜景。青い光線は、ワールド・トレード・センターのメモリアル。 ブルックリン橋は1883年に完成した時は世界一長い吊り橋でした。2066メートル。 三色旗の青、白、赤にライトアップされたエンパイア・ステイト・ビルディング。照明の色は8色あり、いろいろとコンビネーションがあり、それぞれ意味があります。上記は祭日に多いパターンです。
世界貿易センターの広場にあった彫刻は瓦礫の中より発見され、現在バッテリー公園にあります。 パーク街と47ストリートの角にあるビジネスマンがタクシーをとめようとしている彫刻。 マディソン・スクエア公園で見つけたタクシーのオブジェ。 これもマディソン・スクエア公園にありました。 壁画の落書きはニューヨークの名物です。
 
 Amazon.co.jpアソシエイト
 
デジカメ、ビデオに思い出を残そう!(Amazon.com)
 ホーム | ブログ | ニューヨーク観光ツアー | ミュージカル・チケット手配 | サイトマップ | 問い合わせ