Off Off New York Tours
 ホーム | ブログ | ニューヨーク観光ツアー | ミュージカル・チケット手配 | サイトマップ | 問い合わせ
2006年 ニューヨーク・ニュース

かつて最新情報に掲載されたものです。

今年の最新情報



2006年1月7日

「ペイント・ザ・タウン(Paint the Town)」キャンペーン
2005年に観光産業から2億9000万ドルの税金を得たニューヨーク市は、ホテルや展覧会場の建設を増やす計画で今後の観光業の成長を期待している。また閑散期の1、2月にディスカウントで観光客を呼び込む「ペインタ・ザ・タウン(Paint the Town)」キャンペーンを開始した。 www.nycvisit.com.

ブロードウエイ、週間売り上げ最高記録
昨年の年末から今年の年始(2005年12月26日から2006年1月1日)にかけての1週間でブロードウエイは前年同時期より14.3%アップの週間最高記録となる2520万ドルの売り上げあげた。また観客動員率は93.9%で史上2番目の記録となった。特に12月28日は前年同日より10.2%アップの8億2500万ドルの売り上げで、1日の売り上げ最高記録となった。また有料入場者数は1198万人で過去20年で最高、前年より5.7%アップとなった。
2005年度の地下鉄犯罪減少
今年度のクリスマスまでの地下鉄犯罪数は3062件で、前年より5.5%減少し、1997年度の同時期の半分となった。

ニューヨークの殺人減少
2005年上半期、アメリカ国内の殺人は2%上昇したが、小さな街や中西部が高い上昇を示し、ニューヨークは2.8%減少の238件となった。
イースト・ビレッジの名物デリ閉店
1954年より2番街10丁目で営業を続けていた「セカンド・アベニュー・デリ(Second Avenue Deli)」が家賃の値上がりの為に、元旦に閉店した。28,000ドルの家賃が33,000ドルに値上がりするという。常連客は急な閉店に驚いている。

違法スプレイ・ペイント所持
建物、壁への落書きに頭を悩ませるニューヨーク市では、21歳以下者がスプレイ・ペイント(スプレイ缶ペンキ)を持ち歩くことを禁止とした。また器物を破損すると思われる芯が4分の1インチ(約6ミリ)より幅広のペンや削る道具なども対象となっている。違反者は$250の罰金、又は最高15日間の刑務所行きとなる。また落書き道具を買うことができる最低年齢を18歳から21歳に引き上げた。市民の自由を求めるグループは、これはやりすぎというが、市議員は、19歳の者が市内でスプレイ缶ペンキを持ち歩く理由はないということをわからせる為に必要だと述べている。

アメリカの人口2006年
The U.S. Census Bureau によると、2006年1月1日のアメリカの人口は2億9782万1175人で、前年より271万3518人増加と発表した。この1月は8秒に1人の出生、12秒に1人の死亡を推定する。移民は31秒に1人の増加。これらのすべてからアメリカの人口は14秒に1人の割合で増加する。

シンディー・ローパーがブロードウエイ・デビュー
人気ポップシンガーのシンディ・ローパーが、来年ブロードウエイの「三文オペラ」に出演することとなった。同作品はドイツの劇作家ブレヒトの作品で、1933年にブロードウエイで上演され、その後も再演されている。娼婦ジェニーを演じる彼女の公演は3月からプレビューを開始し、4月20日にオープンする。


2006年1月16日

ニューヨークの1月は暖かい?
12日、ニューヨークの温度は華氏57度(摂氏約13.9度)を記録するなど、今年の1月は平年よりも暖かく、市民は早い春を楽しんでいるようである。最も暖かい1月の記録を作るかもしれない。

ヤンキースの新球場
11日、大リーグのニューヨーク・ヤンキースは8億ドルをかけての新球場建設のスケッチを公開した。球団関係者は2009年のシーズンから使用できるように建設開始を望んでいる。

ブロードウエイ・ミュージカル「三文オペラ」のチケット販売開始
ポップシンガー、シンディー・ローパーや「キャバレー」のアラン・カミングなどが出演する「三文オペラ」のチケット販売が15日より開始された。プレビューが3月24日より開始し、4月20日に正規オープンする。劇場は元伝説的ディスコのスタジオ54。

ミュージカル「ザ・ライト・インザ・ピアッツア」の終演がまた延期
リンカーン・センターで公演されているトニー賞受賞ミュージカル「ザ・ライト・インザ・ピアッツア」は2005年4月にオープンした期限限定公演であったが、好評の為、2006年1月、3月と終演が延長され、さらに7月2日まで延長されることが決定した。


2006年2月1日

空港預け荷物の盗難
1月21日、ケネディ空港で預けられた荷物を検査する防犯検査官が、2005年10月7日に乗客のスーツケースから現金8万ドルを盗んだ件で、懲役1年の判決を受けた。

マーディン・ルサー・キング・ジュニア追悼
1月16日に60年代の代表的市民権指導者マーディン・ルサー・キング・ジュニアの追悼式が各地で行われた。彼が「Beyond Vietonam(ベトナムを越えて)」という有名なスピーチが行われたニューヨーク市のリバーサイド教会には千人以上の人々が集まった。彼は1968年4月4日にメンフィスで暗殺された。

ロング・アイランド鉄道
マンハッタンとその東、ケネディ空港のあるロング・アイランドを結ぶロング・アイランド鉄道は2005年、前年より多くの列車の遅れ、列車事故を記録した。列車事故は17%アップの62件、列車の遅れは5%アップの18000件。

オフ・ブロードウエイ・パフォーマンス「ストンプ」5000回公演達成
オフ・ブロードウエイ・パフォーマンス「ストンプ」が、2006年1月21日10:30pmの公演でオルフェウム劇場(126 Second Avenue between 7th and 8th Steet)5000回目の公演を行った。

ミュージカル「ペテン師とサギ師」の主役交代
2005年度のトニー賞主演男優賞候補ジョン・リスゴウが、ミュージカル「ペテン師とサギ師」を1月15日に降板し、その後をミュージカル「ミス・サイゴン」でトニー賞主演男優賞を受賞したジョナサン・プライスが役を引き継ぐこととなった。同作品でトニー賞主演男優賞を獲得した、もう1人の主役ノルベルト・レオ・バッツは7月まで契約を更新した。


2006年2月8日

地下鉄駅に非常出口
メトロポリタン交通局は、地下鉄駅に非常時の避難を簡易にする為に、40の新しい非常出口を設置した。設置される1500の非常出口は同交通局に250万ドル(約3億円)の経費を掛かる。

ケネディ空港からウォール街までヘリコプターでたったの9分
早ければ来月にもケネディ空港のアメリカン航空ターミナルとウォール・ストリートのヘリポートをたったの9分で結ぶヘリコプターが就航する。搭乗料金は片道$140(約1万6千円)。ヘリコプターを運行するUSヘリコプター・コーポレーションは数ヶ月後にミッドタウンの34ストリートのヘリポートへの飛行や、他の航空会社との提携への拡張を期待している。

ロング・アイランドの人口はシカゴと同じ
調査によると、ケネディ空港があるロング・アイランドは人口が283万にとなり、大都市シカゴと同規模の人口となったことがわかった。

ウィンター・フェスティバル中止
2月上旬の週末に行われる恒例のセントラル・パークのウィンター・フェスティバル(2006年は2月3-5日)は暖冬のため、人工雪でも無理ということで、開催が中止となった。

ビリー・ジョエルのマジソン・スクエア・ガーデン完売記録
1月24日より行われた、およそ7年ぶりのソロ公演ツアーで、ビリー・ジョエルはマジソン・スクエア・ガーデンで11の完売公演を催し、同ホールの新記録を達成した。この公演には新曲は一切ないという。いままでの記録は、2000年のブルース・スプリングスティーンによる10完売公演。

アース・ウィンド・アンド・ファイアーのブロードウエイ・ミュージカル
ミュージカル「チキチキバンバン」が空けた42ストリートのヒルトン劇場で、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの音楽を使ったブロードウエイ・ミュージカル「ホット・フィート(Hoot Feet)」が4月15日よりプレビュー公演を始める。同作品は、創設者モーリス・ホワイトが草案、演出、振り付け、オリジナル音楽、作詞をし、さらに「シャイニング・スター」、「セプテンバー」、「ブギー・ワンダーランド」などのグループのヒット曲も含んでいる。4月30日に正規オープンする。

ニュージャージー・ネッツ本拠地11連勝
2月6日、NBAプロ・バスケットボールのニュージャージー・ネッツが対ホーネッツ戦に99対91で勝利し、本拠地のコンチネンタル・アリーナで11連勝とした。


2006年2月15日

観測史上最高の積雪
2月11日午後から12日まで降り続いた雪は、セントラルパークで27インチ(約68.5センチ)近くまで積もり、観測史上最高の積雪となった。ただ週末であった為に交通機関を巻き込んだ混乱はひどくはなかった。しかし空港は閉鎖されたり、制限を余儀なくされた。

ニューヨーカーの家賃の値上がりに悲鳴
ニューヨークの不動産ブームは衰えを知らない。ニューヨーカーの3割は収入の半分を家賃に費やす。現在の平均は電気込みで月$920(約11万円)。2002年以来、月$1500以上の家賃の数は21%も増加した。ニューヨーカーは借りるより購入する方が得と考え、購入する人が増えている。

ブロードウエイ・ミュージカル「チタ・リヴェラのダンサーズ・ライフ」が2月19日終演
ウエスト・サイド・ストーリー、シカゴ、蜘蛛の巣女のキスなどに主演した、ディーヴァことチタ・リヴェラが自身の人生をミュージカル化したダンサーズ・ライフが2月19日をもって終演となった。2005年12月11日にオープンしたこの公演はプレビュー公演20回、本公演72回で終了する。

車内放送で比較する地下鉄ランク
ニューヨークの地下鉄は、車内放送がほとんどないし、あっても聞きづらい。最近は全体的に向上しているが、遅れや路線変更などの重要な放送に関しては相変わらず聞きづらいとかまったく放送がない。車内放送で比較する地下鉄ランクの催行は新車両を多く持つ4番と6番路線。最悪はW路線。


2006年2月24日

ヤンキース新球場
ヤンキースの新球場へ向けたまた1歩前進した。ニューヨーク市の計画委員会が11億ドル(約1300億円)のこのプロジェクトを承認した。新球場は、現球場から161ストリート越えた北となる。球団は今年にも工事を始めたいとしている。

プラザ・ホテルの火事
2月23日、改築中のプラザ・ホテル2階と3階の間の階段で火事が起きたが、すぐに消し止められた。プラザ・ホテルは昨年から客室をコンドミニアムに改築する為に閉鎖されている。

ウェストミンスター・ドッグ・ショー
ケンタッキー・ダービーと並んでアメリカで最も古いエンターテイメントの1つ、第130回目ウェストミンスター・ドッグ・ショー2月14日に開催された。約260匹の犬がコンテストに参加した。

エドヴァルド・ムンク:魂の現代生活(Edvard Munch: The Modern Life of the Soul)
ニューヨーク近代美術館MOMAでエドヴァルド・ムンク展が開かれている。絵画とリトグラフを含め作品数は130点以上だ。彼の有名な作品“叫び”は、2004年に盗難にあったままなので、残念ながら展示されていない。5月8日まで。

メトロポリタン美術館の展示品がイタリアへ返還
イタリアで盗難にあり、違法に国外に持ち出され、メトロポリタン美術館に展示されていた6作品は、このほどイタリアに返還されることとなった。代わりにメトロポリタン美術館はイタリアより同等の価値ある芸術作品を長期にわたり借りることを受けた。

“ニューヨークの芸術から”展
ニューヨークとニューオリンズ在住のアーティストによる展示会がワールド・ファイナンシャル・センターのウィンター・ガーデンで2月22日から28日まで行われる。28日には展示作品のオークションとマルディ・グラが行われる。www.fromtheartofnewyork.org

ニューヨーク市の橋やトンネルでの検挙数が増加
2001年の同時多発テロ以降、マンハッタンとロング・アイランドを結ぶ橋やトンネルで不審な車やトラックの検査を開始した結果、以前より検挙数が7倍となった。検挙のほとんどは飲酒運転。他には免許不携帯、免停運転などである。


2006年3月2日

ニューオリンズ救済アート・オークション
「ニューヨークの芸術から」と題されたニューヨークとニューオリンズの芸術家に寄って寄贈さえた作品のオークションが、ニューオリンズ名物のマルディグラの祝祭に合わせて、ワールド・ファイナンシャル・センターのウィンター・ガーデンで行われた。売り上げは昨年のハリケーン“カトリーナ”の被害者に渡される。

メトロポリタン交通局の黒字は5180万ドル
ニューヨーク市で地下鉄及びバスなど取り扱うメトロポリタン交通局の2005年の黒字は5180万ドルと発表された。地下鉄の乗客数は、12月はストのため11%減ったが、2005年の1年間ではこの50年間で最も多い。乗車数の増加と乗車料の値上げの結果、2004年より3%の収入増加をもたらした。

地下鉄線路の火事増加
2005年地下鉄線路の火事が20%も増加した。そのほとんどはたいしたことはないが、この火事による列車の遅れの本数が40%増加した。

ニューヨーク・メッツも新球場建設
6億ドル(約7200万円)をかけて、現在の56000席から縮小し、古き良き時代の外観を持つ42500席の球場をメッツが建設予定をしている。早ければこの夏にも建設が始まる見込み。

ワールド・トレード・センターの1993年2月26日爆破追悼
2001年の同時多発テロにより陰に隠れた感がある、1993年2月26日の爆破事件。6人が死亡し、1000人以上が負傷した。爆破は地下の駐車場に置かれた自動車爆弾によって行われた。今年で13回目となる追悼式がセント・ピーターズ教会で行われた。


2006年3月9日

セント・パトリック・デイ
3月17日はセント・パトリック・デイ。アイルランド系移民の守護神のお祭りの日。この日は5番街のセント・パトリック寺院を中心に5番街の86から44ストリートまでパレードが行われる。開始は11amから。

ヘリコプター・サービス・デビューの遅れ
ケネディ空港からウォール街まで8、9分で到着するヘリコプター便(139ドル)の就航が防犯上の理由から2週間ほど遅れて、3月27日となる見込み。

犯罪減少、殺人とレイプ増加
今年の2月26日までの統計で、全体の犯罪数は減少しているが、殺人が昨年の74件から82件へ、レイプが247件から297件に増加した。レイプは特にマンハッタンの北部で42.4%の増加となった。

ニューヨーク・シティ・オペラの春季シーズン開始
リンカーン・センターを拠点とするニューヨーク・シティ・オペラの春季シーズンが、3月4日から開始された。レパートリーのラ・ボエームやカルメンなどを上演。終了は4月23日まで。

ヘアスプレイが映画化
現在ブロードウエイで人気のミュージカル“ヘアスプレイ”が、ジョン・トラボルタを主演に映画される。同作品はもともと1988年に製作された映画をブロードウエイ・ミュージカル化したもの。映画がブロードウエイ・ミュージカル化され、そのヒットにより、ミュージカル映画化されるのは、“プロデューサーズ”と同じ。撮影が9月から始まり、公開は2007年夏予定。

ヒュー・ジャックマンがブロードに戻って来る?
イギリス人ダンス振付家マシュー・ボーンとアメリカ人演出家ジョー・モンテロ(ウィッキド)の共同演出によるミュージカル主演にヒュー・ジャックマンの名が挙がっているという。公開は2007年春予定。


2006年3月14日

もう春か?いやいやまだまだ・・・
先日の3月10日にセントラル・パークで華氏72度(摂氏約22.2)を記録し、1955年同日の華氏71度の記録を更新した。暖かい日が続いたが、今週半ばからまた寒くなるようである。

プラザ・ホテルの備品オークション
昨年ホテルの客室の一部をマンションと店舗にする予定で改装中のプラザ・ホテルが必要なくなった調度品などをオークション・ハウス、クリスティーで3月15日に開催される。

ホイットニー美術館ビエンナーレ2006
恒例のホイットニー美術館ビエンナーレが5月28日まで開催中。

ペルシャン・パレード
3月19日にマジソン街41から27ストリートにかけてペルシャ:イランを記念するパレードが行われる。

未成年者の喫煙減少
タバコ税が1箱8セントから1ドル50セントに値上げされて以来、2001年より36パーセントも未成年者の喫煙が減少したとわかった。10人に1人という割合である。10年前は4人に1人であった。またブルームバーグ市長は、さらに50セント値上げを検討しているという。


2006年3月21日

たばこ税の催促状
ニューヨーク市は、インターネットによる購入によりたばこ税を逃れていたニューヨーカーに納税の催促状を発送している。たばこ税を逃れている12,500人からの追徴により市は最高で$3300(約100億円)を得ることができる。

アメリカ自然史博物館のハイテク・スペース・ショー
300万ドルと数年の歳月をかけて作られた新しいスペース・ショーのナレーターはロバート・レッドフォード。3月18日からオープン。

ゴヤ展
フリック・コレクションでゴヤ展が5月14日まで開催される。


2006年4月1日

夏時間開始
4月2日より夏時間が開始され、日本との時差はマイナス13時間となります。標準時間に戻るのは10月29日。

ニューヨーク州$110以下の衣類と靴無税に
4月1日より$110以下の衣類と靴に関しては、4%の州税と0.375%の首都圏通勤税が免除され、消費税が無税となった。

失業者減少
ニューヨーク市の失業率はこの5年間で最低の5.3%であることがわかた。この1年間で10万人以上が職を得た。

トライベッカ映画祭
ロバート・デニーロなどにより2002年に設立されたトライベッカ映画祭の今年のオープニングは、9月11日にハイジャックされ、乗客が身を張り、ペンシルバニア州に墜落した飛行機の乗客の勇気と犠牲を題材にした映画“United 93(ユナイテッド93便)”となった。同映画祭は4月25日から5月7日まで開催される。


2006年4月8日

ニューヨーク・メッツの新球場計画発表
メッツがヤンキースと同じように新球場建設に踏み出した。新球場のモデルは、かつてのブルックリン・ドジャースのエベッツ・フィールド球場。現球場より座席は10,000少なく、45,000。しかし座席と通路が広くなるという。メッツは工事を今年6月から開始し、2009年のシーズンにオープウンする予定。

ギリシャ独立記念日パレード
4月2日に5番街にて第75回ギリシャ独立記念日パレードが行われた。このパレードは、1821年にギリシャはそれまでの支配者オスマン・トルコに反旗を翻したことを祝う。ギリシャは1832年にコンスタンテチノープル条約でようやく独立国として認められた。

違法移民保護のデモ行進
4月1日、違法移民の取り締まりを強化する法律に、違法移民やその援護者10,000以上がローワー・マンハッタンの連邦ビルにデモ行進をした。2004年の共和党大会以来の大きな抗議運動となった。現在アメリカにはニューヨーク市の50万人を含む1,200万人が違法移民がいると推定されている。

ジェイコブ・ジャビッツ・コンベンション・センター拡張
ニューヨークの展覧会場としてオート・ショーなど数多くの展覧会が行われているジェイコブ・ジャビッツ・コンベンション・センターの17億ドルにも及ぶ拡張工事の承認が州から得られる見込みだ。建物を現在より2ブロック北の40ストリートまで拡張し、さらにホテルや公園施設、商業店舗スペースを含む予定だ。現在の見積もりでは建設費は早期のものより5割増しまでいきそうだ。2006年9月からの建設工事を開始し、2010年の完成をめざしている。 


2006年4月14日

メーシーズのフラワー・ショー
第32回メーシーズのフラワー・ショーが4月9日より始まった。店内には3万種もの花、植物、木々が飾られる。23日まで。

メトロカード販売機が防犯機器に!
かつて地下鉄テロが話題になったニューヨークの地下鉄システム。警官による乗客の荷物検査はかつての話し。現在まったくのんびりとしたもの。しかしメトロポリタン交通局はメトロカード販売機のタッチ・スクリーンから乗客が爆発物を取り扱ったか感知し、当局に連絡されるような販売機が作動するか様子を見るという。

ブロードウエイの経済効果
2004-2005年度のブロードウエイが全体でニューヨーク市に与えた経済効果が48億ドル(約5750億円)であると、劇場関係の機関(The League of American Theatres and Producers)から発表された。

捨てられた高架線路が公園に!
いま現在も残るかつての鉄道高架線路が2008年までに公園に変わる。ミート・パッキング地区からチェルシーにかけて最高高さ30フィート(約9.14メートル)、幅60フィート(18.3メートル)に約100種類の植物を植えるという。

心理的苦痛者増加
昨年75万人のニューヨーカーが頻繁に心理的苦痛を感じたという。この苦痛は2週間から1ヶ月続くという。


2006年4月23日

トライベッカ映画祭
2001年9月11日の同時多発テロ後の地区の復興を目指し、同地区に住む映画俳優
ロバート・デニーロが2002年に創設したトライベッカ映画祭が4月25日より始まる。今年のオープニング作品は、テロの時にハイジャックされ、ペンシルバニア州に墜落したユナイテッド93便を主題とした作品となる。5月7日まで。

ニューヨーク・シティ・バレエ春季公演開始
リンカーン・センターを本拠地とするニューヨーク・シティ・バレエの春季公演が4月23日に開始する。6月25日まで。http://www.nycballet.com

ジュリア・ロバーツのブロードウエイ・デビュー
4月19日、映画スターのジュリア・ロバーツが、「スリー・デイズ・オブ・レイン」でブロードウエイ・デビューを果たした。最も厳しい批評家揃いのニューヨークでは彼女の評判はイマイチ。しかし終演後には劇場裏で彼女が帰るのを並んで待つファンが山のように待っている。

盗品彫刻イタリアへ返還
2002年オークション・ハウス、クリスティーズで25000ドルで販売する予定であったワインの神バッカスの彫刻の頭部が1983年にイタリアの美術館で盗まれた作品と判明。ニューヨーク市警からイタリア領事に返還された。

半額ホリデー・パスで乗客増加
地下鉄、市バスを運営する首都交通局(MTA)の10億ドルの黒字を市民に還元する為、昨年の感謝祭11月24日から新年1月2日までの週末の乗車代を2ドルから半額の1ドルにしたことで前年度より430万人増加した。


2006年4月30日

ペンシルバニア駅の移転計画
利用者増大の為、ペンシルバニア駅を拡大する建設が進行している。現在のペンシルバニア駅は7と8アベニューの間、31から33ストリートにかけて位置しているが、駅は現在8アベニューにある郵便局本局を9アベニューの方へ押しのけて9アベニューにまで拡大。現在の駅上のマディソン・スクエア・ガーデンも移転されるかもしれない。ペンシルバニア駅は1日55万人が利用する。これはアメリカ国内のどの空港よりも多く、またニューヨークの3空港を合計した人数より多い。

フリーダム・タワー建設開始
グランド・ゼロに建設される予定のフリーダム・タワーの建設が4年以上の歳月を経てやっと建設に辿り着いた。

ニューヨークのタクシーは安全
ほとんどのニューヨーカーはイエロー・キャブなどのタクシーの安全性を疑っているが、2003年と2004年の間、100万マイル(160万キロ)あたりの事故率はタクシーは4.6、他の車、バス、トラックは6.7と調査された。

地下鉄重罪事件減少
2006年3月の地下鉄の重罪事件は前月より45%減って179件となった。強盗は50パーセント減、窃盗は43パーセント減、暴行25パーセント減。また今年1月から3月の重罪事件は前年同時期よりも減少している。

ニューヨーク市の黒人人口減少
ニューヨーク市の地価の上昇の為、同市に住む黒人がフロリダやジョージアに以上しているという。


2006年5月8日

建築家槙文彦が指名を受ける
グランドゼロのフリーダム・タワーの建設が開始されたが、さらに建設される予定のタワー3にリチャード・ロジャーズ、タワー4に槙文彦が建築家として指名を受けた。2007年に工事を開始し、20011年完成予定。

歴史的建築物を守れ
古い街並が今も残る住宅街グリニッチ・ビレッジの歴史的建物が崩され、高層建築になるのを防ぐ為に、同地区のランドマーク指定地域がさらに拡大された。

ピカソの名画が9522万ドルで落札
ニューヨークのオークション・ハウス、サザビーズでピカソの「ドラ・マールと猫」が、9521万6000ドル(約108億円)で落札された。絵画の競売で史上2番目となる高額落札。最高額はやはりピカソで、「パイプを持つ少年」が、2年前に1億420万ドル(約119億円)の値をつけた。

第9回レブロン5Kラン/ウォーク
6日、女性の癌リサーチを後援するレブロンによる5キロのランニング&ウォークがタイムズ・スクエアよりスタートした。およそ45000人が参加したこのイベントはセントラル・パークのイースト・メドウで終了した。この催しは全国で実施されており、女性の癌リサーチの為に3700万ドル以上の資金を集めている。

ネッツ、第2ラウンド進出
NBAバスケットボールのプレイオフ第1ラウンドの第6戦でニュージャージー・ネッツがインディアナ・ペーサーズを96対90で破り、対戦成績4勝2敗で第2ラウンドに進出した。次の対戦相手はマイアミ・ヒート。


2006年5月13日

ヤンキース松井秀喜が左手首骨折
宿敵レッドソックスとボストンで対戦中のヤンキースの松井秀喜は1回守備中につまり気味のレフトフライを捕らえようとした際に左手首骨折を骨折した。松井の連続試合出場記録は日米通算1768試合で途切れた。回復まで最長4ヶ月かかる可能性がある。ヤンキースはこの3連戦に1勝2敗と負け越した。メッツは好調で松井稼頭央も活躍しているので、今年は日本人ファンにとってはメッツの年となるか?

ダフィー・スクエアの改築
タイムズ・スクエアのど真ん中、あの劇場半額当日券売り場TKTSのあるダフィー・スクエアの改築が5月に入って始まった。1250万ドルをかけて、観光客や市民1000人が座ることができるガラスの階段を造り、またこの広場を広げるとのこと。年内には工事終了の予定。

公園内自動車通行規制
6月5日から11月中旬までセントラル・パーク内を通行する自動車に新しく規制が掛かることとなった。朝の時間は公園内東72ストリートより北、午後は公園内西道路が通常止めとなる。6アベニューから公園に入り、東72ストリートに抜ける通りは7amは7pmまで通行可能変わらない。また現在週末と夜間は公園内の通行は禁止されている。

地下鉄構内の公衆電話
ある調査団体によると、800を越える地下鉄構内の公衆電話のうち29パーセントは故障していることがわかった。地下鉄利用者によるとその調査は間違いだ、7割は故障しているはずだという。


2006年5月19日

ハーレムのジャズハウス「ミルトンズ」
伝説的ジャズミュージシャン、セロニアス・モンク、ディジー・ガレスビー、チャーリー・パーカー、ベニー・グッドマンなどが主演し、人気だったジャズハウス「ミルトンズ」は1970年代前半に閉店してしまった。しかしハーレムのクラブ経営者が30万ドルを投資し、セシル・ホテル1階にオープンした。
ミルトンズ・プレイハウス: 住所: 210 West 118th Street

地下鉄乗客最高記録
今年2006年3月の平日の地下鉄乗客が毎日490万人を数え、最高記録となったと発表された。前年同月より3.1パーセント上昇している。さらにバスを加えると740万人となるという。

公園の無線インターネット化
セントラル・パーク内で無線インターネットが7月末までに利用できることが見込まれている。またニューヨーク市内の他の公園も夏が終わる前には無線インターネットが利用できる見込み。現在ブライアント・パーク、ワシントン・スクエア・パーク、トンプキンズ・スクエア・パークなど10公園では既に利用されている。

イースト・リバーを自転車で渡る
昨年より35パーセント、4年前よりは2倍の数の自転車がイースト・リバーの橋を渡るようになった。ガソリン価格が1ガロン(約3.8リットル)$3(約350円)となった為、自転車を利用してマンハッタンとロング・アイランドを行き来する人が増えている。1日15万人が自転車を利用するのも遠くないと関係者はみている。

タクシーもハイブリッド人気
10年以内にニューヨーク市の13000台のイエローキャブはハイブリッド車で車いすの人が利用できるようにするべきだ、と市の役人は考えている。

不動産開発業者への抵抗
ブルックリン地区のフラットブッシュ・アベニューとアトランティック・アベニューの角にバスケットボールのアリーナを含めたショッピングセンターと高級マンションのビルが周辺の歴史的住宅などの景観を壊すと周辺住民は抵抗している。



今年のニュース


過去のニュース:
2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年