ホーム | 観光ツアー | チケット手配 | 問い合わせ | サイトマップ

 

『ニューヨーク便り』 No. 35: 2004.11.26

狂牛病などなんのその

日本では牛丼の吉野家が、使用しているアメリカ牛肉に苦慮して、大幅な減収となったとニュースを読んだ。牛丼を扱っている他店はオーストラリア牛や中国牛を使って、しのいでいるというが、アメリカでは、食卓で狂牛病の恐れなどほとんど聞かない。私も元気にニューヨークの吉野家牛丼を楽しんで食べているし、ごく稀にだがハンバーガーも食べる。アメリカ精神?の自分は大丈夫というような楽観的精神で麻痺しているのかもしれない。食べ物だけに限らず、こちらは日本のような品質重視とはいかない。もちろん有機野菜しか食べないといういうような熱狂的な健康管理信者もいるが・・・。最近はちょっとした小さな公園スペースで有機野菜のマーケットが増えてきた。しかし形は悪いし、料金が高い。どうしてもこちらに住んでいると質よりも価格ということに目がいってしまう。私は時間があれば、チャイナタウンに野菜、果物、魚を買い出しに行く。チャイナタウンはさすが中国文化を継承していて、食品が安いし、豊富である。鍋をするという時には、行かねばならぬ。街中のスーパーの食品はというと、もう傷んだ物も平気で置いてあるし、ほうれん草の中にまで土が付いている時もある。キュウリやリンゴは見栄えを良くするために、ロウが塗ってあったりして、頭を痛めたこともあるが、慣れというものは恐ろしく、最近は平気になってしまった。アメリカの農業は大規模なので、セスナやヘリコプターから農薬をまき、またその量が半端でないようだ。映画「地獄の黙示録」のワグナーの曲に乗って爆撃するシーンを思い出してしまう。リンゴなど皮をむいても農薬が中までしみいっているなどと聞いたことがある。リンゴに白い粉がついたまま売られたりしているので、大丈夫かなとも思ったりする。オレンジなどもこちらでは収穫後に傷みを遅らせるために農薬を散布するというので、そんなことを気にしていたら、食事ができなくなり、拒食症にでもなってしまうだろう。ということで今日も吉野家の牛丼を楽しむ私です。

「ニューヨーク便り」その他のエッセイ

 ホーム | 観光ツアー | チケット手配 | 問い合わせ | サイトマップ