セントラル・パーク
ザ・ポンド セントラルパークの楽しみ方(青字は写真で示されています)

限られた時間での観光で自由の女神を見に行ったり、エンパイア・ステイト・ビルに登ったり、買い物したりと忙しい為見逃され気味なのが、セントラルパークだ。半日でも時間が空いたら是非行って頂きたい場所である。ただ目的もなく散歩をすのもよいが、楽しめるところはたくさんある。公園内の道路は曲がりくねっているので、歩いているとどの方角に向かっているのかわからなくなることもあるが、ポイントはこのようになっている。観光客が多く滞在するタイムズスクエア、セントラルパークの南5番街または6番街から入っていくとするとすぐに池(The Pond)があり、鴨が泳いでいる。やや北西に進路を取ると、ローラースケートリンクがある(冬はアイススケート)。滑りながらセントラルパーク越しに見ることができるビルの眺めはすばらしい。さらにやや北西に向かうと、歴史的な木馬のメリーゴーランドがある。音楽に合わせて、動くこの木馬を見るのは価値がある。北に行くとザ・モールと呼ばれる美しい並木道がある。ザ・モールに行かずに東5番街の方向に向かうと、デイリー(The Dairy)という建物があり、観光案内所になっている。さらに東に向かうと動物園(有料)がある。映画にもよくでてくるところである。そのまま北上するとメトロポリタン美術館がある。その途中に公園を東西に走る72ストリートを西に向かう車道があり(やや北にアンデルセンの銅像あり)、すぐに西と北に道路は分かれる。北に向かうと、湖(The Lake)があり、その畔にボートハウスというカフェ、レストランがあるので、歩き疲れた場合はここで休憩するのもよいだろう。またこのボートハウスではボートを貸してくれるので、池を回遊するのもいいし、レンタル自転車を借りることもできる。ボートハウスを北上するとメトロポリタン美術館に至る。72ストリートから西に向かうと湖(TheLake)が見えてきて、ペセスダの噴水(Bethesda Terrace)が位置する。よくここで写真の撮影が行われている。この噴水と道路(72ストリート)をはさんで、南には夏に行われるサマーステージがある。ワールド・ミュージックが多く、坂本龍一、ヨーコ・オノ、鼓童などもかつて出演した。ほとんどが無料だが、出演者によっては有料の場合もある。演奏は通常平日夜、週末は昼である。72ストリートをさらに西に向かうと、ジョン・レノンの死後、彼の世界平和の願いを込めて作られた、ストロベリー・フィールズがある。円形のモザイクの中心にはイマジン(IMAGIN)と書かれている。彼の命日12月8日には彼のファンが訪れ、ろうそくを灯し、彼の曲を演奏し、故人を敬う。公園を出た72ストリートとセントラルパーク・ウエストの角のあるのが、彼が住んでいた1884年完成の高級アパート、ダコタ・ハウスだ。セントラルパーク・ウエストを南に下ると、タバーン・オン・ザ・グリーン(Tavern On The Green)という高級レストランがある。総ガラス張りのクリスタルルームは郷ひろみや加藤登紀子などがリサイタルを開いた場所である。また夜は建物と敷地内の木々が小さな豆電球で彩られるので美しい。建物の正面より庭に向かった方が、一層きれいだ。レストランの庭が面した道路を隔てて広大な芝生のシープ・メドウ(Sheep Meadow)がある。夏は特に週末の日中はたくさんの人が寝転がっている。水着で日光浴の人も多く、その姿はトド、アザラシ、オットセイの日光浴という感じ。南に向かえば、セントラルパークの南から出られる。公園の南東角はコロンバス・サークルと呼ばれ、コロンブスの銅像が建っている。メトロポリタン美術館まで行かずに72ストリートから戻れば、所要時間1−2時間ぐらいだろうか。またメトロポリタン美術館まで行く人は南は上記で述べたが、西にアメリカ自然史博物館に抜けるのも魅力的だ。途中の岩の上に小さな城、ベルデベラ・キャッスル(Belvedera Castle)がそびえる。この城から公園とその周辺の建物が一望できる。是非立ち寄って頂きたい。城の近くには夏に無料の野外劇が行われるデラコート劇場(Delacort Theatre)がある。人気の出し物は無料チケットをもらう為に早朝から長蛇の列となる。2001年に行われたチェーホフの“かもめ”は映画監督としても活躍するマイク・ニコルス演出、メリル・ストリープ、クリストファー・ウォーキン、フィリップ・セイモア・ホフマン、ジョン・グッドマンなどの有名俳優が出演した。メトロポリタン美術館より北には貯水場(Jakie Onassis Reservoir)があり、たくさんの人が周辺をジョギングしている。ただ美術館より北はあまり観光客は行くことはない。見るべき物は減ってくし、またハーレムが近くなるのでだんだんと閑散としてくる。ちなみに夏のハーレム・ウィークではハーレム・ミーアー(Harlem Meer)と呼ばれる池周辺でイベントが行われる。ハーレムに近い5番街からはコンサーバトリー・ガーデン(Conservatory Garden)で静かにくつろぐことができる。セントラルパークを歩くのが辛いという方は、馬車を利用していかがでしょうか?最低基本30分34ドル、追加15分ごとに10ドルです。15パーセント程のチップもお忘れなく!

 

その他の「歩いて楽しむニューヨーク」
セントラルパークを歩く、その2
ブルックリン橋を歩く

メリーゴーランド
メトロポリタン美術館 ザ・モール
ザ・レイクとボートハウス

ベセスダの噴水

イマジン ダコタハウス
タバーン・オン・ザ・グリーン シープ・メドウ
アメリカ自然史博物館 ベルデベラ・キャッスル
馬車 デラコート劇場
 ホーム | ブログ | ニューヨーク観光ツアー | ミュージカル・チケット手配 | サイトマップ | 問い合わせ