Off Off New York Tours
 ホーム | ブログ | ニューヨーク観光ツアー | ミュージカル・チケット手配 | サイトマップ | 問い合わせ
オフ・オフ・ニューヨーク・ツアーズミュージカル・チケット手配手数料15ドルから。ディスカウントでもお取りできます。 ミュージカル・チケット手配
観光ツアーも内容、価格共に充実しています。 ニューヨーク観光ツアー 


ブロードウエイ・ミュージカル・ニュース

2010年

January(1月)

「ストンプ」5000回公演達成
オフ・ブロードウエイ・パフォーマンス「ストンプ」が、2006年1月21日10:30pmの公演でオルフェウム劇場(126 Second Avenue between 7th and 8th Steet)5000回目の公演を行った。

ミュージカル「ペテン師とサギ師」の主役交代
2005年度のトニー賞主演男優賞候補ジョン・リスゴウが、ミュージカル「ペテン師とサギ師」を1月15日に降板し、その後をミュージカル「ミス・サイゴン」でトニー賞主演男優賞を受賞したジョナサン・プライスが役を引き継ぐこととなった。同作品でトニー賞主演男優賞を獲得した、もう1人の主役ノルベルト・レオ・バッツは7月まで契約を更新した。

ブロードウエイ・ミュージカル「三文オペラ」のチケット販売開始
ポップシンガー、シンディー・ローパーや「キャバレー」のアラン・カミングなどが出演する「三文オペラ」のチケット販売が15日より開始された。プレビューが3月24日より開始し、4月20日に正規オープンする。劇場は元伝説的ディスコのスタジオ54。

ミュージカル「ザ・ライト・インザ・ピアッツア」の終演がまた延期
リンカーン・センターで公演されているトニー賞受賞ミュージカル「ザ・ライト・インザ・ピアッツア」は2005年4月にオープンし、当初6月12日に主演する期限限定公演であったが、好評の為、2006年1月、3月と終演が延長され、さらに7月2日まで延長されることが決定した。

終演ミュージカル
スウィート・チャリティとチキチキバンバンが12月31日に終演しました。屋根の上のバイオリン弾きは1月8日に終演します。

チタ・リベラの「ザ・ダンサーズ・ライフ」
ブロードウエイのディーバ、チタ・リベラの自己の人生を歌と踊りで語るミュージカル「ザ・ダンサーズ・ライフ」は批評家の受けは良いが、観客動員がイマイチ。ブロードウエイの劇場が空くのを待っているハイエナ・プロデューサーが劇場を狙っている。

February(2月)

ボブ・デュラン・ミュージカル、ザ・タイム・ゼイ・アー・ア-チェンジン(The Times They Are A-Changin')
ビリー・ジョエルの曲を使ったダンス・ミュージカル“ムービン・アウト”を成功させた、演出兼振り付け家のトワイラ・サープがボブ・デュランの曲を利用したミュージカルの世界初演がサン・ディエゴで1月25日より行われている。人気は高く、終演予定日が3月5日から19日に延期されている。ブロードウエイへは秋にやってくる予定。

チタ・リヴェラのダンサーズ・ライフ2月19日終演
ウエスト・サイド・ストーリー、シカゴ、蜘蛛の巣女のキスなどに主演した、ディーヴァことチタ・リヴェラが自身の人生をミュージカル化したダンサーズ・ライフが2月19日をもって終演となった。2005年12月11日にオープンしたこの公演はプレビュー公演20回、本公演72回で終了する。

アース・ウィンド・アンド・ファイアーのブロードウエイ・ミュージカル
ミュージカル「チキチキバンバン」が空けた42ストリートのヒルトン劇場で、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの音楽を使ったブロードウエイ・ミュージカル「ホット・フィート(Hoot Feet)」が4月15日よりプレビュー公演を始める。同作品は、創設者モーリス・ホワイトが草案、演出、振り付け、オリジナル音楽、作詞をし、さらに「シャイニング・スター」、「セプテンバー」、「ブギー・ワンダーランド」などのグループのヒット曲も含んでいる。4月30日に正規オープンする。

ビリー・ジョエルのマジソン・スクエア・ガーデン完売記録
1月24日より行われた、およそ7年ぶりのソロ公演ツアーで、ビリー・ジョエルはマジソン・スクエア・ガーデンで11の完売公演を催し、同ホールの新記録を達成した。この公演には新曲は一切ないという。いままでの記録は、2000年のブルース・スプリングスティーンによる10完売公演。

ミュージカル「ウーマン・イン・ホワイト」2月19日終演
アンドリュー・ロード・ウェバーのミュージカル「ウーマン・イン・ホワイト」はロンドンで上演され、ニューヨーク・ブロードウエイで、昨年10月28日にプレビューを開始し、11月17日にオープンした。主演クラスが病気などで欠演続きで、108公演のうちすべてのオリジナル・キャストが揃ったのは31公演のみということが集客不足の原因の1つとみられている。

ジュリア・ロバーツ効果
ブロードウエイ劇「スリー・デイズ・オブ・レイン」にジュリア・ロバーツが出演するため、この3月28日から6月18日までの限定公演は、$251のプレミア席を除いては完売という。チケットの売り上げで1日$7,000,000(約83億円)を稼ぎだした。

March(3月)

ニューヨーク・シティ・オペラの春季シーズン開始
リンカーン・センターを拠点とするニューヨーク・シティ・オペラの春季シーズンが、3月4日から開始された。レパートリーのラ・ボエームやカルメンなどを上演。終了は4月23日まで。

「ヘアスプレイ」が映画化
現在ブロードウエイで人気のミュージカル“ヘアスプレイ”が、ジョン・トラボルタを主演に映画される。同作品はもともと1988年に製作された映画をブロードウエイ・ミュージカル化したもの。映画がブロードウエイ・ミュージカル化され、そのヒットにより、ミュージカル映画化されるのは、“プロデューサーズ”と同じ。撮影が9月から始まり、公開は2007年夏予定。

ヒュー・ジャックマンがブロードに戻って来る?
イギリス人ダンス振付家マシュー・ボーンとアメリカ人演出家ジョー・モンテロ(ウィッキド)の共同演出によるミュージカル主演にヒュー・ジャックマンの名が挙がっているという。公開は2007年春予定。

2006年の受賞式
2006年トニー賞候補は5月16日発表され、受賞は6月11日にラジオ・シティ・ミュージック・ホールで行われる。またドラマ・ディスク賞の候補は4月27日に公表され、5月21日にリンカーン・センターで授賞式が開かれる。

再演ブーム?
レ・ミゼラブルがブロードウエイに戻って来る。今年秋から6ヶ月の限定公演。しかしオリジナルと変わることなく、また全米公演のセットと衣装を使うともいう。またコーラス・ラインも9月18日にプレビューを始め。オープンは10月5日。演出はオリジナル版の振り付けをしたボブ・エイビアン。

April(4月)

TKTS(チケッツ)の引っ越し
ブロードウエイの当日半額券売り場として知られているTKTS(チケッツ)が改築のため、5月1日よりマリオット・マーキース・ホテル1階に移転。

トライベッカ映画祭
2001年9月11日の同時多発テロ後の地区の復興を目指し、同地区に住む映画俳優
ロバート・デニーロが2002年に創設したトライベッカ映画祭が4月25日より始まる。今年のオープニング作品は、テロの時にハイジャックされ、ペンシルバニア州に墜落したユナイテッド93便を主題とした作品となる。5月7日まで。

ニューヨーク・シティ・バレエ春季公演開始
リンカーン・センターを本拠地とするニューヨーク・シティ・バレエの春季公演が4月23日に開始する。6月25日まで。http://www.nycballet.com

ジュリア・ロバーツのブロードウエイ・デビュー
4月19日、映画スターのジュリア・ロバーツが、「スリー・デイズ・オブ・レイン」でブロードウエイ・デビューを果たした。最も厳しい批評家揃いのニューヨークでは彼女の評判はイマイチ。しかし終演後には劇場裏で彼女が帰るのを並んで待つファンが山のように待っている。

ブロードウエイの経済効果
2004-2005年度のブロードウエイが全体でニューヨーク市に与えた経済効果が48億ドル(約5750億円)であると、劇場関係の機関(The League of American Theatres and Producers)から発表された。

シルク・ドゥ・ソレイユのニューヨーク公演
マンハッタンのイースト・リバーに位置するランダルズ・パークで4月25日より6月18日までシルク・ドゥ・ソレイユが公演を行う。作品名はコルテオ(CORTEO)。弊社ではチケットを最高3割引で手配可能。

「ホット・フィート」がんばれ
アース・ウィンド・アンド・ファイヤーの音楽を使った「ホット・フィート」はブロードウエイ上演前に首都ワシントンで試演が4月9日までされていたが、評判は芳しくない。またオープイングは4月30日で変わりはないが、プレビュー公演は2日遅れる予定。同公演はワシントン公演とは内容がやや変わると思われる。

映画スターを舞台で観る
映画スターがブロードウエイに挑戦することがある。現在ジュリア・ロバーツが6月18日までの限定公演、“スリー・デイズ・オブ・レイン”に出演中。もともと舞台出身のアレック・ボールドウィンは5月21日までの限定公演、ジョン・オートンの“エンターテイニング・ミスター・スローン”に出演。同じく舞台から映画スターになったネイザン・レインとマシュー・ブロデリックのコンビは6月4日までの限定公演でニール・サイモンのヒット・コメディ、“おかしな二人”に出演。さすがにチケットのほとんどは完売。

ドラマ・ディスク賞
ミュージカルメヘアスプレイモでトニー賞とドラマ・ディスク賞を得たハーヴィー・フィアスタインが今年のドラマ・ディスク賞の視界をすることとなった。同賞の候補は4月27日に発表され、5月21日にリンカーン・センターのラガーディア・コンサート・ホールで授賞式が行われる。

マーディン・ショートがブロードウエイへ
テレビ、映画で活躍し、ブロードウエイでは、ミュージカル、メリトル・ミーモでトニー賞を受賞したマーディン・ショートが自己の人生をミュージカル化した“フェイム・ビカムズ・ミー(Fame Becomes Me)”でブロードウエイ公演を目指している。まずはサン・フランシスコで4月25日より開始し、トロント、シカゴとまわり、7月22日によりブロードウエイでプレビュー公演を開始する。

シェイクスピア・イン・ザ・パーク
セントラル・パークで毎夏に行われる野外無料シェークスピア劇の今年の出し物は“マクベス”で、マクベスはトニー賞受賞男優のリーヴ・シュレイバー、マクベス夫人にトニー賞受賞女優のジェニファー・エールが主演する。公演開始は6月13日より。

May(5月)

トニー賞授賞候補発表
2006年度のトニー賞候補発表が発表され、「ドロージー・チャペロン」が13部門の候補となった。トニー賞発表は6月11日にラジオ・シティ・ミュージック・ホールで行われる。

トニー賞授賞式入場券
トニー賞をナマで見たいという方、候補が発表された翌日5月17日朝に受賞式の入場券がTonyAwards.comより売り出されます。

ダフィー・スクエアの改築
タイムズ・スクエアのど真ん中、あの劇場半額当日券売り場TKTSのあるダフィー・スクエアの改築が5月に入って始まった。1250万ドルをかけて、観光客や市民1000人が座ることができるガラスの階段を造り、またこの広場を広げるとのこと。年内には工事終了の予定。

2006年ドラマ・リーグ賞発表
5月5日、第72回ドラマ・リーグ・アワーズが発表された。。ミュージカル部門は、「ジャージー・ボーイズ」、ミュージカル・リバイバルは、「スウィニー・トッド」。ドラマ部門は、「ヒストリー・ボーイズ」、リバイバル部門は「目覚めて歌え」が選出された。

「パジャマ・ゲーム」の再演
現在ブロードウエイで最もチケットが取りづらい(完売)、人気ミュージカル「パジャマ・ゲーム」は6月17日終演の期間限定公演だが、好評の為、新しい配役で秋に再演されることとなった。

ミュージカル「三文オペラ」終演延長
ブロードウエイの人気男優アラン・カミングやポップ歌手シンディー・ローパーが出演していることで話題の、期間限定公演「三文オペラ」が終演を1週間延ばして6月25日に終演する。

「リング・オブ・ファイアー」終演
新作ミュージカル「リング・オブ・ファイアー」が4月30日に終演した。同作品は人気歌手ジョニー・キャッシュの生涯を描いた作品で、3月12日にオープンしたばかりだった。

ドラマ部門はピュリッツァーなし
2005-2006年度のピュリッツァー賞が4月中旬に発表されたが、ドラマ部門は9年ぶりに受賞はなかった。過去には、「プルーフ」、「ウィット」、「レント」、「コーラスライン」などが同賞を受賞している。

「おかしなカップル」割引チケット
前売りで完売といわれていたネイザン・レインとマシュー・ブロデリック主演「おかしなカップル」の2階席ミッド・メザニン席とリア・メザニン席が5月25日までそれぞれ3割引の$50と$40でお取りできます。

June(6月)

独立記念日割り引き
ミュージカル「マンマミア」が6月28日から7月7日までのミュージカル「アベニューQ」、「シカゴ」、「ペテン師と詐欺師」が$55で手配できる。

ミュージカル終演情報
アラン・カミングやシンディー・ローパーが出演していた限定公演の「三文オペラ」が6月25日に、「パジャマ・ゲーム」が6月17日に終演した。

サマー・コンサート
夏はニューヨークの至る所で無料のサマー・コンサートが開かれます。この機会を見逃すな!

セントラル・パーク野外シェイクスピア劇
恒例の野外シェイクスピア劇が6月14日から始まった。作品は7月9日まで「マクベス」、8月8日から9月3日まで「肝っ玉母さんと子供たち」。
http://www.publictheater.org

2006年トニー賞発表
ミュージカル部門作品賞は「ジャージー・ボーイズ」が、リバイバル作品賞は「パジャマ・ゲーム」受賞した。

ブロードウエイ・ミュージカルの無料コンサート
6月26日にセントラル・パークで「ブロードウエイ・アンダー・ザ・スカイ」と呼ばれるブロードウエイ・ミュージカルのコンサート版が無料で催される。場所はセントラル・パークのグレイト・ローンで8PMから開始される。セントラル・パークの東からは79ストリートから、西からは81ストリートから入るとわかりやすい。コンサート後には花火が上げられるというのでこれも楽しみだ。
www.broadwayunderthestars.com。

ミュージカル「美女と野獣」の5000回公演
6月20日にミュージカル「美女と野獣」のブロードウエイ公演が5000回目を数える。今年の4月18日には上演12年周年を記し、ブロードウエイ史上6番目のロングラン作品となった。この日の上演後にレストラン、プラネット・ハリウッドでパーティが催される。

ミュージカル「コーラス・ライン」チケット販売
9月18日からプレビュー公演を開始し、10月5日にオープンとなるトニー賞受賞ミュージカル「コーラス・ライン」の再演が6月18日より公式チケット販売を開始する。

ミュージカル「レスタット」終演
人気ポップ・アーティスのエルトン・ジョン作曲によるミュージカル「レスタット」が5月28日、39回目の公演で終演した。

July(7月)

リンカーン・センターの無料フェスティバル
今年で36回目を数える、リンカーン・センターの無料フェスティバル、アウト・オブ・ドアズが8月4日から27日まで開催される。世界中の音楽やダンスを楽しむことができる。
www.lincolncenter.org

ミュージカル「ホット・フォート」終演
アース・ウィンド・アンド・ファイヤーの曲を利用した、ミュージカル「ホット・フォートが7月23日に終演した。プレビュー12回、通常公演89回。

ミュージカル「ヘアスプレイ」映画化
ブロードウエイで人気のミュージカル「ヘアスプレイ」が、映画化される。娘役にブリトニー・スノー。他にジョン・トラボルタなどが出演する。

ミュージカル「ファンタスティックス」の再演
世界で最も長くロングランをしたミュージカル「ファンタスティックス」が、7月29日より再演のプレビュー公演を始める。同公演は、1960年にオフ・ブロードウエイで公演を開始し、17,162回の公演を行った。弊社では、9月10日までの公演を$45(正規価格$75)で手配できます(手配料別)。

アッシャーが「シカゴ」に出演!
リズム&ブルース歌手で、グラミー賞を受賞した、アッシャーが8月22日から10月1日まで、ミュージカル「シカゴ」にビリー・フリン役で出演する予定。すでに前売りが増加している。

ミュージカル「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」終演
リンカーン・センターで上演されていたミュージカル「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」が7月2日に終演した。

ボブ・デュランのミュージカル
人気アーティスト、ボブ・デュランのヒット曲を使用したミュージカルが、今秋にブロードウエイの登場しそうだ。演出・振り付けは、ビリー・ジョエルのヒット曲からダンス・ミュージカルに仕上げたトワイラ・サープが担当する。題名は、「ザ・タイムズ・ゼイ・アー・ア-チェインジン(The Times They are A-Changin'」10月26日から公演開始予定。7月6日から8月10日までの毎週木曜日12:30pm1:30pmの間、ブラアント・パーク(6アベニューと42ストリート角)で、ブロードウエイ・ミュージカルを無料のコンサートとして聞くことができる。

リンカーン・センター・フェスティバル
世界の傑作公演が上演されるリンカーン・センター・フェスティバルが、7月10日から30日まで開催される。ミュージカル「ライオンキング」の演出家ジュリー・テイモアがオペラ「グレンデル」を演出するなど。
http://www.lincolncenter.org

第20回ブロードウエイ・フリー・マーケット
エイズ基金への寄付金を獲得する為、シューベルト・アリーで、恒例のフリー・マーケットとオークションが今年は9月24日に行われることとなった。昨年は54.4万ドル以上の資金を獲得した。www.bcefa.org

「ライオンキング」の劇場移転
現在「ライオンキング」を上演しているニュー・アムステルダム・シアターは、今年11月から上演される「メリー・ポピンズ」に場所を提供する為に、6月より劇場をミンスコフ・シアター(200 West 45th Street at 7th Avenue)に変更しました。

 

August(8月)

「ペテン師と詐欺師」終演
2005年3月にオープンし、トニー賞11部門にノミネート(受賞は1部門)されたミュージカル「ペテン師と詐欺師」が9月3日に終演することとなった。

シカゴにアッシャー
ロングランを続ける人気ミュージカル「シカゴ」に、8月22日よりグラミー賞受賞アーティストのアッシャーが悪徳弁護士役ビリー・フリンで出演。彼の出演により前売りが30%アップ。6週間の出演予定。「シカゴ」は、今年11月14日にロングラン10周年を迎える。

ミュージカル「スウィニー・トッド」映画化
舞台ミュージカルの映画化が盛んだが、「スウィニー・トッド」がジョニー・ディップ主演で映画化され、2007年末に公開予定という。

「マンマミア」5周年
人気ミュージカル「マンマミア」のブロードウエイ公演が10月18日に5周年を迎える。当日の公演は、俳優基金の為の慈善公演となる。

「ファンタスティックス」のオープニング遅延
上演を停止していた、オフ・ブロードウエイで最長ロングラン記録を持つミュージカル「ファンタスティックス」のオープニングが1週間遅れ、8月23日にスナップル・シアター・センターで上演される予定。

「スウィーニー・トッド」9月3日終演
ユージン・オニール劇場で上演中のミュージカル「スウィニー・トッド」は、プレビュー35回、本公演349回を持って、9月3日に終演する予定。

豪華スター共演の無料野外劇
今年のセントラル・パークの「シェークスピア・イン・ザ・パーク」の第2部は、ブレヒトの「肝っ玉母さんとその子供たち」で、メリル・ストリープやケビン・クラインなどの映画スターが出演する。この無料チケットを獲得する為に、前夜から列をなしている。8月8日から9月3日まで。

September(9月)

人気シンガー、アッシャーの出演延長
ミュージカル「シカゴ」に出演中の人気R&Bシンガー、アッシャーの魅力はたくさんの観客を引きつけ、出演期限が10月1日から14日まで出演が延長された。

レ・ミゼラブル再演
かつて全世界を圧巻したミュージカル「レ・ミゼラブル」の再演が11月9日にオープンする。10月24日開始のプレビューから11月23日までの火、水、木曜日の公演が$25オフで手配できます。

フォール・フォア・ダンス・フェスティバル
1日に5つのダンス・カンパニーの作品を観ることができることで好評なダンス・フェスティバルが、シティーセンターで9月28日から10月8日まで開催される。
http://offoffny.livedoor.biz/archives/50496686.html

今年メトロポリタン・オペラ特別裏舞台ツアー
世界でも名高いメトロポリタン・オペラが、創設以来初めて、オペラの裏舞台を探る無料ツアーを開催する。日時は、9月22日9:00amから5pmまで。スタッフによる舞台の構造などの説明、リハーサルを見学、舞台セットの見学、衣装展示の見学など。終了は入場は無料だが、チケットが必要で、そのチケットは9月20日10amから劇場チケット販売窓口で配布される。1人2枚まで入手可能。オペラファンは見逃せません。

第15回ブロードウエイ・オン・ブロードウエイ
今年15周年を迎えるブロードウエイ・オン・ブロードウエイは公演中のブロードウエイ・ミュージカルのミュージカル・ナンバーが紹介される催しで、9月10日にタイムズ・スクエアで行われる。当日はマーティン・ショートが司会を務め、11:30amより開始される。

October(10月)

ミュージカル「マンマミア」の割引延長
ブロードウエイの人気ミュージカル「マンマミア」が割引対象公演を12月12日までに延長しました。

「スラバのスノーショー」が終演
オフ・ブロードウエイで人気のマイム・コメディの「スラバのスノーショー」が、1月7日に終演する予定。最後のチャンス。正規料金$62.90が、11月末(11/22-26を除く)まで平日$45.90、金、土曜日夜$52.90で割引手配できます。

ミュージカル「マンマミア」5周年
ブロードウエイで人気のミュージカルの1つ「マンマミア」が、10月18日に5周年を迎える。当日の公演は役者組合基金に捧げる公演となる。開演7pm。弊社では、この公演を$71.25で手配できます。

ミュージカル「コーラスライン」再演
9月18日よりプレビューを開始しているミュージカル「コーラスライン」が10月5日に正規オープンとなる。同作品は1975年に登場した時に、現代ミュージカルを変革し、トニー賞ミュージカル作品賞とピリッツアー賞を受賞。終演までにロングラン記録を樹立した。

ビッグ・アップル・サーカス
子供にとって、冬の訪れを感じるのものの1つが、ビッグ・アップル・サーカスの訪れ。ことしもリンカーン・センターの敷地にテントを張って新年まで公演する。大規模というわけではないが、子供連れで来られた方には楽しめる。10月19日から1月7日まで。

November(11月)

「ザ・タイムズ・ゼイ・アー・ア-チェインジング」終演
ボブ・デュランの曲を使った、ミュージカル「ザ・タイムズ・ゼイ・アー・ア-チェインジング」が11月19日に終演となった。公演回数はプレビュー35回、本公演28回

映画入場料が$25!
ブロードウエイで1981年に公開され、ヒットしたミュージカル「ドリーム・ガール」が、映画化となったのは、良いニュース。しかし12月15日から独占的に公開されるニューヨークのジークフィルド劇場では、公開初頭の10日間は、入場料を$25と設定した。この料金には、予約された座席、50ページのプログラムを含み、さらにロビーで展示される衣装と舞台セットのデザインが見学できる。同劇場の通常の料金は、$10.75。同映画の全米公開は12月25日。映画入場料$25は高い?納得できる?

感謝祭週間は公演スケジュール
感謝祭(11/20-26)は、ブロードウェイの公演スケジュールが変わります。感謝祭スケジュール

ミュージカル「ウェディング・シンガー」終演
ミュージカル「ウェディング・シンガー」が、12月31日をもって、終演することとなった。

December(12月)

レミゼラブル期限限定公演の延長
かつてブロードウエイでロングラン記録を樹立したミュージカル「レミゼラブル」は、当初6ヶ月間の限定公演で、2007年4月22日に終演予定であったが、少なくとも同年夏まで延長されることとなった。

ミュージカル「フェイム・ビカムズ・ミー」終演
トニー賞受賞エンターテイナー、マーティン・ショート主演のミュージカル「フェイム・ビカムズ・ミー」が、プレビュー22回、本公演165回の公演をもって、1月7日に終演することとなった。

ミュージカル「ハイ・フィデリティ」終演
ボストンでトライアウトをし、人気を呼び、ブロードウエイで12月7日にオープンしたミュージカル「ハイ・フィデリティ」が1週間足らずで終演を決定。終演は12月17日。

ミュージカル「カラー・パープル」が制作費を回収
開演1年目を迎えたミュージカル「カラー・パープル」が、1100万ドルの制作費を回収したと発表した。同作品は、2005-2006年シーズンのオープン作品で最も入場者を集めている。

ミュージカル「ウィッキド」CDがプラティナムへ。
グラミー賞を受賞したミュージカル「ウィッキド」のブロードウエイ・オリジナル・キャスト・アルバムの売り上げが100万枚を突破し、プラティナムとなった。ビルボードのキャスト・アルバム・チャートではトップの常連となっている。

感謝祭週間催行売り上げ記録
11月21日から26日までの感謝祭週間にブロードウエイは、感謝祭週間最高売り上げ、及び入場者を記録した。「ウィッキド」は、この1週間に171万ドル以上を稼ぎ、同公演が樹立した記録を破った。

クリスマス・年末年始スケジュールの変更
ボブ・ブロードウエイの公演スケジュールが、クリスマス週間から年末年始にかけて変更になります。公演スケジュールをチェックして下さい。



過去のニュース:

2011年/2010年/2009年/2008年

2007年/2006年/2005年