ホーム | ブログ | ニューヨーク観光ツアー | ミュージカル・チケット手配 | サイトマップ | 問い合わせ
オフ・オフ・ニューヨーク・ツアーズミュージカル・チケット手配手数料15ドルから。ディスカウントでもお取りできます。 チケット手配
観光ツアーも内容、価格共に充実しています。 観光ツアー 

ブロードウエイ・ミュージカルの選び方

日本で劇場に足を運んだことがない人も、ニューヨークに来たのだから、ブロードウエイ・ミュージカルを観たいという人は多い。ガイドブックを見ながら、何を観ようかと悩む。最高のものを観るのには、公演がオープンした1年以内の作品にある。公演を成功させるために、オープン時には人気、実力のある役者を揃えるのだ。そしてその年のトニー賞で賞を取れば、大ヒットが約束される。残念ながらすべての新作公演が面白いというわけでもないので、どの公演が面白いかいろいろと調べなくてはいけない。今年度のトニー賞を取った「モンティ・パイソンのスパマロット」は、超人気でチケットが取れない。劇場が小さい「スペリング・ビー」も取りづらいようだ。私は「スペリング・ビー」を観たが、学生公演のようで面白くなかった。観客参加型で、場内のアメリカ人は喜んでいたが、役者がうまくないし、ウケを狙った演技が嫌いだ。日本の人には好まれないと思う。賞を取らなくても「恋にしびれて」は面白かった。また終演した「ブルックリン」もブロードウエイでたくさんのミュージカルが上演されずに競争が激しくなければ、生き残ってもおかしくない質、エンターテイメント性を持っていた。

トニー賞後に作品の評価が定まると、トップの役者は1、2年契約なので降りていく。受け継ぐ役者の質が大きく落ちるとは思わないが、ロングランしながら、質を保つことは大変なことだ。またミュージカルはその時代を表すものなので、長期ロングランされるものは、時代を超えたものとなったとはいえるが、時代は進んでいくので新作と比べるといろいろな点で古さを感じさせることが出てくる。ミュージカルの新しい動きを見るのには常に新作を観ていきたい。 

人気の新作ミュージカルは、チケットの入手も難しいし、また割引料金を出さないので、正規料金100ドルを支払わなくてはいけない。観光会社に手配を頼むと15000円もしてしまう。そこまで払わずに、公演にこだわらないので、安く楽しみたいという方には、オペラ座の怪人などのロングラン(長期)公演をお薦めする。人気作品は5年も10年も公演を続けている。オペラ座の怪人は17年だ。ロングラン公演は魅力があるから、人が集まる。また大人も子供も、英語がわかってもわからなくても楽しめるので、観客が集まり、公演が長期化する。また正規料金でチケットを買う人が少なくなると、割引料金を出すので、この価格で購入すると2割から5割引で買うことが出来る。ニューヨークで観光の楽しみとしてミュージカルをと考えてる人に取っては最新新作でなくても楽しめればいいと考えている人は多いと思う。劇場は常に前売り状況、観光客の見込みなどを確認していて、時期により割引を出す。混雑が予想される金、土曜日夜は割引がない、混雑期の感謝祭週間、クリスマス前から新年なども混雑するので割引なしということがあるが、常にといってよいほど割引が継続されている人気作品は、現在オペラ座の怪人、レント、シカゴ、美女と野獣だ。マンマミアも観光シーズンオフには割引もある。ライオンキングは今まで割引がでたことがない。

割引で購入する方法は、タイムズスクエアのTKTSで当日の公演を半額もしくは25%オフで販売している(手数料$3)。または観光案内所に置いてある割引クーポンを利用することもできる。弊社では手数料15ドルで割引手配も可能なので、確認して下さい。(2005.8.5)

ブロードウエイ・ミュージカル情報が満載、ブロードウエイ・ミュージカル情報ページへ

最新情報をチェック!ブログ:ニューヨーク大好き!