Off Off New York Tours

 ホーム | ブログ | ニューヨーク観光ツアー | ミュージカル・チケット手配 | サイトマップ | 問い合わせ
オフ・オフ・ニューヨーク・ツアーズミュージカル・チケット手配手数料15ドルから。ディスカウントでもお取りできます。 ミュージカル・チケット手配
観光ツアーも内容、価格共に充実しています。 ニューヨーク観光ツアー
ブロードウエイ・ミュージカル・ガイド

ブロードウエイ・ミュージカル・ディスカウント情報(2017.8)
ニュー・アムステルダム・シアター(2016.3)
2016年度トニー賞(2016.6)
ニューヨーク・フィルのオープン・リハーサル(2016.10)

おしゃべり


歴史的コンサート・ホールであるイースト・ビレッジのウェブスター・ホールがリノベーションの為にクラブ・ナイトは8月5日に、コンサートは8月9日をもって終了します。経営母体が代わり、いつオープンになるかは発表されていません。(2017. 7)

ブライアント・パークでは8月10日までの毎週木曜日12:30pmから1時間、日替わりでブロードウェイ・ミュージカル4作品のミュージック・ナンバーを披露してくれます。(2017. 7)

メ〜モ〜リ〜・・・。再演ミュージカルキャッツが年末12月30日に終演となります。(2017. 7)

かつて観光客にとても人気だったサウス・ストリート・シーポート。ショッピング・モールのピア17の建て替えのために訪れる人がかなり減りましたが、いろいろな行事は行われています。この夏、木曜日6pmから8pm、土曜日4pmから6pmにフリー・コンサートがあります。9月30日まで。(2017. 7)

女優の米倉涼子さんが5年ぶりにブロードウェイ・ミュージカル、シカゴに出演するそうです。7月3日から13日まで。応援します。(2017. 6)

今年のセントラル・パークの無料シェークスピア劇の出し物は、「ジュリアス・シーザー」。ややトランプ大統領のパロディ的でもありました。デルタ航空とバンク・オブ・アメリカが不謹慎と同劇場のスポンサーを降りました。しかしアーティスト団体は表現の自由を盾に抗議しています。(2017. 6)

キューバ系のグロリア・エスティファンと旦那さんの話のミュージカル「オン・ユア・フィート」が、8月20日に終演となります。そういえば、今年のトニー賞授賞式はもうすぐ。6月11日です。(2017. 6)

時代遅れの地下鉄信号機をすべて最新式にするには40年から50年も掛かるそうです(そういう計算なのか?)。とりあえず海外の3人の専門家に100万ドルずつ支払って、信号機を早く交換する方法、古い列車をより早く修理及び交換する方法などのアイデアを聞くそうです。(2017. 6)

ブロードウェイの2016-2017期の売り上げが過去最高の14億5000万ドルだったそうです。全体の入場者数は前年より約46000人少なかったそうですが、平均チケット価格が前年比6ドル増の109.21ドルでした。(2017. 5)

来年のグラミー賞授賞式の会場がニューヨークで開催となりました。マディソン・スクエア・ガーデンで1月28日に開催です。この時期はニューヨークは寒く、さみしい時なので、街に活気が戻るかな・・・。(2017. 5)

アメリカン・バレエ・シアターが15日からリンカーン・センターで春季シーズンを開始します。7月8日まで。(2017. 5)

ベット・ミドラー主演のミュージカル「ハロー・ドリー」がまだプレビュー中ですが、1週間の売り上げが196万ドル。上演中のシューベルト劇場の週間売り上げ記録を更新しました。正規オープニングは4月20日。(2017. 4)

超ロングランのオフ・ブロードウェイ・ミュージカルの「ファンタスティクス」が6月4日に終演となります。グリニッジ・ビレッジの小劇場で公演を続け、同時多発テロ時に閉鎖され、ミッドタウンに場所を移して、公演を続けていました。(2017. 3)

グレン・グローズがトニー賞を受賞したミュージカル、サンセット・ブルバードが20年ぶりの再演を開始しました。期間限定で5月28日まで。気がつくとアンドリュー・ロイド・ウェバー作品が、オペラ座の怪人、キャッツ、スクール・オブ・ロックと4つも同時上演されている。人気復活。(2017. 2)

発売されている日までのチケットが常に完売するミュージカル「ハミルトン」は、学生に無料招待をする太っ腹作品。さらに公立学校の先生も無料招待。建国の父の生涯はアメリカの歴史の授業で役に立ちます。(2017. 2)

映画やテレビのロケ現場として人気のニューヨーク市。撮影の経済効果は90億ドル。雇用13万人。もちろんマンハッタン人気は衰えないが、ブルックリン人気、そして昨今ブロンクスやスタッテン島が撮影現場として増加しています。首都ワシントンの郊外の設定でも利用されてるようです。(2017. 2)

2016年はスケジュールが合わずにビーコン・シアターで開催されたブロードウェイのトニー賞授賞式がまたらジオ・シティ・ミュージック・ホールに戻ってきます。6月11日です。候補発表は、3月26日。昨年はハミルトンが独占でしたが、今年はどうか?(2017. 1)

ハミルトンづくしのブロードウェイ。年末には当然のごとく売り上げ週330万ドルの最高記録を達成。ハミルトンだけでなく、ほとんどの作品が売り上げ記録を達成。33劇場で4970万ドルの好景気。日本人も売り上げに貢献したのかな?バブルの頃と比べたら微々たるものでしょう・・・。(2017. 1)

来年2017年1月20日の大統領就任式で、主役はもちろん大統領となるドナルド・トランプ氏でしょう。式ではパフォーマンスがあるそうです。今回はラジオ・ミュージック・シティ・ホールの名物ロケッツだそうです。あのライン・ダンスで有名な・・・。クリスマス・ショウでみられる・・・。(2016.12)

感謝祭週間のミュージカル「ハミルトン」の売り上げが330万ドルとなり、2013年に「ウィキッド」が樹立した320万ドルを超え、同週の歴代最高売上を記録しました。同作品の平均入場料は$303。プレミアム・チケットは$998。これよりもっと高い再販価格は含まれていません。(2016.12)

過去13年間会場がロサンゼルスとなっていたグラミー賞授賞式が2018年にニューヨークに戻ってきます。会場はマディソン・スクエア・ガーデン。(2016.12)

映画館へ行こう。ホーム・シアターに押されてきましたが、新しい映画館は家では経験できない豪華さがあります。リクライニング・シート、食事、アルコールなどのサービスを備えた映画館がオープンしています。(2016.11)

メトロポリタン・オペラの土曜日マチネ公演の休憩中にオペラ・ファンが火葬した友人の灰をオーケストラ・ピットに撒く。公演は中止となりました。金を返せと絶叫する観客。黙れと怒る別の観客。場内騒然。現実は常に劇場です。(2016.10)

ブルックリンのダウンタウンに地ビール、ワインやカクテル、そして食事ができる7館796席の映画館がオープンしました。座席にテーブルが付いているので、映画を見ながら飲食ができます。入場料$14.50。(2016.10)

9月26日から10月9日までオフ・ブロードウェイ・ウィークが開催されます。この期間の公演が1枚の料金で2枚購入できます。ブルーマン、ストンプも参加していますよ。(2016.9)

名作「ハロー・ドリー」のブロードウェイ再演の主役にベット・ミドラー。チケット販売初日は過去最高の$9,082,497。プレビュー開始は3月15日。(2016.9)

6月29日、コニー・アイランドのボードウォークの側に500席の野外劇場がオープンしました。スティング、ウィリー・ネルソン、ビーチ・ボーイズなどがラインアップ。地域振興会はコニー・アイランドが夏だけでなく、年を通して人が集まることを期待しています。(2016.7)

舞台のワンマン・ショウをロバート・デニーロが映画化し、出演と共に監督もした「ブロンクス・テール」がミュージカルとなって、秋にブロードウェイでオープン予定。彼が歌って踊るのかな?そんなわけないか・・・。(2016.6)

完売ミュージカル「ハミルトン」の偽チケットが出回っています。路上での売り子や掲示板での販売は要注意です。(2016.6)

ニューヨークでの映画撮影が今年2016年は336件になる見込みです。87億ドルも市に貢献するのです。映画関連産業は13万人。1998年は100件、1966年は11件が市で認可された映画だったそうです。(2016.6)

再演ミュージカル「シー・ラブズ・ミー」が、6月30日にブロードウェイで初となるウェブキャスト、インターネットで放映されます。視聴料は$9.99。(2016.6)

超ヒット・ミュージカル「ハミルトン」の1階オーケストラ席の再販価格は、$1660から$2535。劇場はダフ屋に儲けさせないために$477のプレミア席を$849に、$139の席は$177、$179の席は$199に値上げするそうです。これって防止策?(2016.6)

超人気ミュージカル「ハミルトン」の来年2月のチケットが販売されると同時に完売。1席も残っていない・・・。高く売ろうという奴らが狙っている。(2016.6)

12日に行われたブロードウェイの演劇賞トニー賞の発表で、史上最高の16部門で候補に挙がったミュージカル「ハミルトン」が、作品、演出、主演男優、助演男優、助演女優、脚本、作曲など11部門を制覇しました。しかし12部門を受賞したミュージカル「プロデューサー」には及ばす。(2016.6)

超ヒット・ミュージカル「ハミルトン」の脚本、作詞、作曲を担当し、さらに主演していているリン・マニュエル・ミランダ氏が7月9日の契約終了とともに舞台を降りることとなります。次回作に集中する為だそうです。彼の出演が終了日までのチケット代がまた跳ね上がった。(2016.6)

ハミルトン人気のブロードウェイの2015-2016年度の入場者数は1332万人、売上13億ドル以上という過去最大の記録となりました。ニューヨークのプロ・スポーツの野球、アメリカン・フットボール、アイス・ホッケー、バスケットボールのそれぞれ2チームずつと女子バスケットボール1チームを加えた総入場者数よりも多いそうです。(2016.5)

超人気ミュージカル「ハミルトン」の創作者であり主演者のリン・マニュエル・ミランダ氏が上演中に写真を撮っている観客の容姿や座席の位置などをツイートで公表し、注意を促しています。シャターなしでもダメですよ。(2016.5)

今年度のトニー賞にて、超人気ミュージカル「ハミルトン」が史上最高の16部門で候補となりました。発表は6月12日です。(2016.5)

ブロードウェイ・ミュージカル「マチルダ」が2017年1月1日に終演予定となりました。(2016.4)

MTVミュージック・ビデオ賞授賞式がニューヨークに戻ってきます。1984年にラジオ・シティ・ミュージック・ホールで開催された同賞授賞式会場は2014年にロサンゼルスに移りました。しかし今年はマディソン・スクエア・ガーデンで8月28日に開催されます(2016.4)

完売ミュージカル「ハミルトン」がアメリカで最も権威のあるピューリッチャー賞を受賞しました。(2016.4)


1月下旬にヒルトンポテルで最初のブロードウェイ・コンが開催され、大雪にも関わらず、5000人以上のブロードウェイ・マニアが集まりました。来年も1月27日から29日に開催されます。場所は、ジェイコブ・ジャビッツ・コンベンション・センターですので、かなり広くなりそうです。(2016.4)

15歳の時からニューヨークの地下鉄やバスをハイジャックして運転して、30回ほど逮捕されている男の人生をハリウッドが映画化しようと考えているようです。犯罪から利益を得ることをニューヨーク州法は禁止しているので、違法になるのかどうか確認が必要なようです。(2016.3)

謙さんが17日からミュージカル「王様と私」に復帰しました。昨年のオープン時はチケットは全く取れなかったのですが、取りやすくなっています。ディスカウントも出ているくらいなのですが、謙さんが出るようになってディスカウントの率が悪くなりました。4月17日まで謙さんが出演します。(2016.3)

ミュージカル「ウィキッド」がブロードウェイで史上最速の12年半で10億ドルを売り上げました。「ライオンキング」は16年かかっています。「オペラ座の怪人」は27年。(2016.3)

胃がん手術の為、渡辺謙のミュージカル「王様と私」の再出演は3月1日から3月17日に変更となりました。(2016.2)

ニューヨーク市内での撮影の経済効果は87億ドル。2015年には映画336作品と連続テレビドラマ46作品の舞台がニューヨーク市でした。人気撮影場所は、金融街、セントラルパーク、裁判所や警察署を含む官庁街。またコニー・アイランドやスタッテン島のスナグ・ハーバーも人気です。(2016.2)

年末年始の1週間のブロードウェイの劇場街の観劇者は過去最高の357,718人で売り上げも過去最高の4306万ドル。(2016.1)

ブロードウェイにミュージカル「キャッツ」が戻ってきます。今年7月14日からプレビューが開始されます。演出はオリジナルのトレバー・ナン。(2016.1)

オフ・ブロードウェイで公演中のミュージカル「ダディ・ロング・レッグズ」が無料で35カ国にライブ・インターネット・ストリーミング。15万人以上が観劇し、その後公演チケットとキャスト・アルバムの売上が増加。今後ブロードウェイの公演も有料ストリーミングをする可能性があるそうです。(2016.3)

世界中でヒットしたディズニー映画「フローズン(邦題、アナと雪の女王)」が、ブロードウェイ・ミュージカル化決定。2018年春、上演開始。(2016.2)

ミュージカル「ウィキッド」が2月14日にミュージカル「レント」のロングラン記録5123回を抜いて、ブロードウェイ・ロングラン・ベスト10入りしました。(2016.2)

2017年より、ニューヨーク・フィルの音楽監督が日系アメリカ人のアラン・ビルバート氏からオランダ人のヤープ・ヴァン・ズヴェーデン氏に引き継がれます。(2016.2)

渡辺謙が帰ってくる。彼がトニー賞主演男優賞にノミネートされたブロードウェイ・ミュージカル「王様と私」に3月1日から再度主演します。4月17日まで。(2016.2)

俳優シルベスター・スタローンが出演した「ロッキー」や「ランボー」などの映画で利用された衣装や小道具がオークションに出されます。プレギューは 今日10月19日から21日まで、オークションは12月18日から20日。会場は5番街の79ストリートです。(2015.10)

ヒルトン・ニューヨーク・ホテルの横口の正面の老舗映画館ジークフリードが「スター・ウォーズ」終了後に閉館となります。リノベーション後はジークフリード・ボールルームと名を変え、レセプションやイベント会場となります。2017年オープン予定です。(2016.1)

ブロードウェイの劇が1人の入場料で2人入場できるブロードウェイ・ウィークが1月19日から開催されます。2月5日までの公演日が対象です。枚数が決まっているので人気の劇は完売となります。また超人気のミュージカル「ハミルトン」は対象外です。(2016.1)

アル・パチーのが出演しているブロードウェイの芝居「チャイナ・ドール」のプレビュー初日に観客席では、携帯電話が少なくとも15回も鳴り響いたそうです。それでも彼は演技に徹して取り乱さなかったとのことで、カーテンコールでは彼に総立ちのスタンティング・オベーション。(2015.10)

まっさんのシャーロットさんのブロードウェイ・ミュージカル・シカゴの主演は、10月31日から11月15日の約2週間。彼女の悪女ロキシー役を楽しもう。12月にはニューヨーク公演よりも長い約3週間の凱旋公演があるようですね。(2015.10)

英国女優キエラ・ナイトレイのブロードウェイ・デビュー公演のプレビュー初日。彼女が舞台に上がるとすぐに熱狂的ファンが2階席からバラの花束を投げ入れ、彼女にプロポーズ。気のおかしい男性ファンはすぐに警察に逮捕されました。(2015.10)

2001年のフランス映画「アメリ」がミュージカル化されて、現在カルフォルニア州バークレイで公演されて、好評のようです。プロデューサーはブロードウェイ公演を見込んでいて、早ければ来年春にはブロードウェイ開演の運びとなる可能性があるようです。(2015.9)

マンマミアが9月12日に終演しました。ブロードウェイで14年間5773回の公演を達成。4月に9月5日終演と発表しましたが、1週間延びました。ブロードウェイではよくやる手口です。終演発表でチケット売り上げが伸びたので、追加公演をする。9月5日を最終公演と思って買った人は損。(2015.9)

オフ・ブロードウェイから這い上がってきた、ロック・ミュージカル、ヘッドウィグ・アンド・アングリー・インチが9月13日に閉演予定です。(2015.8)

28日よりリンカーン・センターの広場でオペラのスクリーン上映会が開始されます。3100もの座席が用意されます。無料です。開始は作品により7:30pmから8pm。9月7日まで。(2015.8)

セントラル・パークのサマー・ステージの近くで野外映画祭が25日から開始されました。スーパーマン、フェームなどニューヨークが舞台の古い映画を無料上映します。29日まで。8pmより。(2015.8)

オバマ大統領も観劇した、現在ブロードウェイ1番人気の新作ミュージカル「ハミルトン」。新作は、通常トニー賞選考者にはペアで無料券を配るのだが、この作品は高額に売れる混雑時を避け、夏季限定の月から水曜日のみにご招待。バケーション中の選考者は観ることができない作品を選べるか、と憤怒。(2015.8)

現在ロンドンで公演されているミュージカル「ミス・サイゴン」が来年2月に閉演され、2年以内にブロードウェイで再演される予定だそうです。(2015.8)

今月4本目の観劇。好みのトーマス・オスターマイヤーがロシア俳優を演出。いつもどおり驚きの最高の出来。しかし公演中に携帯電話が5台くらい鳴った。1つは私の2列前。受けては丁寧にも何か話していた・・・。作品終盤には舞台で携帯電話音が利用され、客?舞台?本物?偽物?(2015.8)

公演中の携帯電話使用はうんざり。舞台俳優女王パティ・ルポンは2幕目の1場終わりに観客と握手して舞台を後にするシーンで、彼女は役に徹したまま、メッセージをしていた観客からスマートフォンを掴み取り、歩き去ったそうです。暗い劇場で光るスクリーンは大迷惑。(2015.7)

緊急を要していたのか、観客が開演前のブロードウェイの舞台によじ登り、舞台セットのコンセントから自分の携帯電話に充電を始めた。すぐに劇場スタッフに引き下ろされましたが、舞台セットのコンセントは「舞台セット」で実際には利用できないそうです。(2015.7)

ブロードウェイの劇場は史上最高の観客を動員しています。セント・ジェームズ劇場は1924年オープン時の1509席から現在1623席となっているように、古い劇場は座席の幅を狭くし、座席を多くして、観客を詰め込んでいるということです。(2015.7)

アメリカン・バレエ・シアター創立75年で初めて黒人女性が、バレエ団最高位のプリンシパル・ダンサーに選ばれました。(2015.7)

1923年建設。USオープン・テニスの発祥地であるフォーリスト・ヒルズ・スタジアムがリノベートされてコンサートを開始。この夏ジェームズ・テーラー、サンタナなどが出演します。マンハッタンから地下鉄で行くことができます。(2015.6)

マディソン・スクエア・ガーデンで2014年より毎月1回コンサートをしているビリー・ジョエルは7月1日に65回目のコンサートとなり、エルトン・ジョンを抜いて、同ガーデンで最もコンサートをひらいたミュージシャンとなります。(2015.6)

プレビュー中のミュージカル「王様と私」、主演の渡辺謙の英語が日々に上達し、本公演開始の4月16日を迎えます。主演男優賞の候補になる可能性もあるという批評家の推測。(2015.4)

人気ミュージカル「マンマミア」が9月5日に閉演となります。ブロードウェイでは2001年10月18日から公演を開始し、5765公演というロングランで終演予定。ブロードウェイで歴代8位のロングランとなります。世界中で20億ドルを稼いでいるといいます。(2015.4)

ニューヨーク・フィルハーモニックの本拠地、リンカーン・センターのホールの名前が、この秋のシーズンから、かつてそこそこのお金を寄付したエイブリ・フィッシャーから1億ドルを寄付したデイビッド・ジェファンの名に変わります。公共の建物は企業名かお金持ちの名前の付いたものばかり・・・。(2015.3)

NHKの「マッサン」に出演中のシャーロット・ケイト・フォックスさんが、今年10月26日から11月8日にブロードウェイ・ミュージカル「シカゴ」に主演するそうです。(2015.3)

ヒュー・ジャックマン主演の劇を終演前日に観る。彼のスター・パワーがあふれる作品ではないが、共演者と共に素晴らしい空間を作っていました。入場時にくれるプログラムには携帯電話の電源を切ってくれとの注意書き。さらに開始前にもアナウンスあり。 (2015.2)

ブロードウェイの年末年始週間の過去最高の売り上げ4280万ドル、観客約34.7万人でした。ウィキッドはブロードウェイ史上最高、ライオンキング、ブック・オブ・モルモン、アラジンなどは上演劇場での売り上げ新記録。(2015.2)

大雪の為に、月曜日のブロードウェイの公演やバスケットボールの試合などは中止となりました。しかし火曜日夜には上演予定です。火曜日11amの積雪量はセントラル・パークで約20センチとのことです。予報では50センチとか報道していたので、良かったです。(2015.1)

ブロードウェイのミュージカル情報。この秋「カラーパープル」の再演にジェニファー・ハドソンが主演予定。(2015.1)

ブロードウェイは観光客増加により観客も増加して好景気ですが、すべての作品というわけではありません。テレビ・ドラマで人気だった俳優トニー・ダンザ主演のミュージカル「ハネムーン・インザ・ベガス」は苦戦。彼がTKTS売り場で観光客に自己宣伝しているそうです。(2014.12)

12月16日より1月6日まで、全員男性ダンサーということで知られているトロカデロ・デ・モンテカルロ・バレエ団がジョイス劇場で公演を開始します。(2014.12)

今年の感謝祭週間のブロードウェイの売り上げ、及び観劇者数は過去最高の$34,121,642と284,569人。(2014.12)

毎月1度ビリー・ジェエルがコンサートを開いているマディソン・スクエア・ガーデンはエンターテイメント部門とスポーツ部門を分離しました。エンターテイメント部門は今年1月より昨年比128%アップ。(2014.11)

メトロポリタン・オペラのシーズンが開始されました。今シーズンの新作オペラ(パレスチナ人が船をハイジャックしてがユダヤ人を殺したという内容)に対して劇場前の広場では、バリケードが張られて、ユダヤ系アメリカン人が抗議しています。(2014.9)

ブロードウェイ・フリー・マーケット。9月21日、44ストリートのシューベルト・アリーでブロードウェイの公演で使われた衣装、俳優のサインなどの販売が行われます。(2014.9)

映画愛好家が通った珍しい映画や外国映画など55000本もの映画コレクションを誇ったイースト・ビレッジのキムズ・ビデオ&ミュージックが閉店しました。1987年に開店したこのアベニューA旗艦店の閉店は、残る1アベニュー店も存続の危機が噂されています。(2014.8)

ブロードウェイの黄金コンビ、マシュー・ブロドリックとネイザン・レイン主演の「It’s only a play」の前売りが好調です。8月28日からプレビュー開始。(2014.8)

たくさんの有名人が埋葬されているブロンクスのウッドローン墓地では、マイルス・デイビスやデューク・エリントンなどの伝説的ジャズ・ミュージシャンが集まって埋葬されている地区に新規墓地造成をしたので、ジャズ・ファンが殺到購入しています。(2014.8)

近年メトロポリタン・オペラがハイビジョンで撮影した舞台公演映画版は、世界中の映画館で上演され、観客も増員しましたが、現在は頭打ちとなり、利益も減少し、存続が危ぶまれています。(2014.7)

元大統領ビル・クリントンとヒラリー・クリントンのミュージカルが、7月18日から25日までニューヨーク・ミュージカル・シアター・フェスティバルで公演されます。この作品はエジンバラ映画祭で最優秀ミュージカル作品賞候補となったものです。彼らを茶化した内容のようです。(2014.7)

トニー賞候補にもなり、批評家には好評のミュージカル「マジソン郡の橋」が5月18日に終演してしまいました。(2014.5)

俳優ヒュー・ジャックマンが10月31日にブロードウェイに戻ってきます。「ザ・リバー」という作品で13週間。完売間違いなし。プロデューサーも大儲けで、ブロードウェイは万々歳。(2014.5)

リチャード・ギアがグランド・セントラル駅周辺で浮浪者の役を演じているに周囲の人は全く気づかない。ある女性は親切にも彼に食べ残しのピザを渡しました。また彼は地下鉄にも乗車していたそうです。周囲がすべてエキストラでない撮影もあるのですね。(2014.5)

ニューヨークが舞台となる映画やテレビが近年増加しているのは、制作費の100%、最高1500万ドルまでが税金控除となる措置が執行されているからです。ブロードウェイなどの劇場も特別税金控除ができるようにしようという動きがあります。(2014.5)

かつてたくさんの人気アーティストが出演した、ローズランド・ボールルームがレディ・ガガの7回公演をもって4月7日に閉鎖となりました。(2014.4)

最近アパートの部屋でコンサートが開かれることが人気なっているそうです。ソーホーとかブルックリンのブッシュウィックなどで開催されています。(2014.4)

ブロードウェイで25年以上のロングランを続けるミュージカル、オペラ座の怪人の主役に初めてアフリカン・アメリカン(黒人)俳優、シエラ・ボゲスが抜擢されました。出演は5月12日より。(2014.4)

4月3日からブロードウェイの一部の作品、「マンマミア」、「オペラ座の怪人」などが木曜日に昼公演を開始します。(2014.4)

ニューヨーク市では、動物愛護の観点からサーカスでの動物利用は禁止となるそうです。(2014.4)

女性にミュージカル観劇を誘われても興味ないと断わる男性でも、最近上演を開始したミュージカル「ロッキー」には喜んで行くそうです。(2014.3)

ジュリア・ロバートをスターにした映画「プリティ・ウーマン」のブロードウェイ・ミュージカル化が検討されているそうです。(2014.3)

ミュージカル「ロッキー」のプレビュー公演初日に、同オリジナル映画の脚本兼主演者であり、この舞台版のプロデューサーであるシルベスター・スタローンが公演最後の試合のシーンに登場し、リングに上がり、また客席にいたトム・ハンクスが「ロッキー、ロッキー」と連呼し始め、観客も続いたそうです。(2014.2)

映画、テレビ撮影の多いニューヨークですが、撮影中の銃撃戦をみて、何を勘違いしたか911緊急電話に連絡する人がいるそうです。現場に向かった警官はまたか・・・。(2013.12)

スパーダーマンが終演したブロードウェイで最も大きいフォックス劇場では、来シーズンにミュージカル「キングコング」が上演されるという噂。(2014.2)

ミュージカル「ロッキー」のプレビュー公演が2月11日から開始されます。1階席中央前列の人は最後の試合のシーンに舞台上のリングの観客席に移動して観劇?、観戦?できるそうです。リングの上で歌を歌ったプロレスラー入ると思いますが、ボクサーもいるのかな?(2014.2)

先週はスーパーボールの催しがタイムズ・スクエア地区で開催され、人が殺到しました。しかしそのタイムズ・スクエアのブロードウェイの劇場は売り上げが240万ドル、観客15000人以上も減少だったそうです。ウィキッドやライオンキングでさえ、ダメでした。(2014.2)

平成中村座のニューヨークでの歌舞伎公演を継ぎ、勘三郎の息子兄弟が来年7月リンカーン・センターに戻って来るようです。私は2007年公演を楽しみました。その前は2004年。(2013.12)

12月8日にVAMPSという日本のバンドがニューヨークのローズランド・ボールルームで公演します(前売り$29.50、当日$35)。そういえば、5日には葉加瀬太郎がタウン・ホールで公演($89.50, $69.50, $49.50)。(2013.12)

シンガー・ソング・ライター、キャロル・キングの自伝ミュージカル「ビューティフル」が好評です。(2014.1)

今年資金難の為に破産したニューヨーク・シティ・オペラの所有物、衣装、小道具などは12月12日にオンライン・オークションで販売されます。(2013.11)

コンサート・ホールのローズランドが来年4月2日に閉店となります。1919年創業、1956年の現在のタイムズ・スクエア地区に移動。4月6日までの最後の5公演はレディ・ガガが閉めます。(2013.11)

ブロードウェイ史上ロングラン歴代第10位のマンマミアが、12年5000回公演したウィンター・ガーデン劇場から移転し、11月2日よりブロードハースト劇場で公演を開始しました。ウィンター・ガーデン劇場では来年からミュージカル「ロッキー」が上演となります 。(2013.11)

知らなかったのですが、カーネギー・ホールの裏方組合が水曜日からストライキをしていたそうです。この日は今シーズンの初日でコンサートはキャンセル。金曜日の朝に契約がまとまったそうです。(2013.10)

映画俳優ダニエル・クレイグが奥さんレイチェル・ワイズと主演するブロードウェイ劇「Betrayal(背信)」のプレミアム席$500が飛ぶように売れているそうです。作品的に批評家受けはいいですので、無駄ではない・・・。(2013.10)

日本でもヒットしたフランス映画「アメリ」がブロードウェイ・ミュージカル化されるそうです。
(2013.9)

ブロードウェイのディレクター、プロデューサーのハロルド・プリンスのレビュー、"The Prince of Broadway"が2015年に大阪梅田で制作されるって!!!その翌年にブロードウェイに戻るとか・・・。ジャパン・マネーが復活か!(2013.9)

オーランド・ブルームとコンドラ・ラシャド主演の「ロミオとジュリエット」のプレビューがブロードウェイのリチャード・ロジャーズ劇場で開始されました。オープニングは9月19日。(2013.9)

TKTSで半額当日券を購入した人は1週間以内なら2公演目のチケットを列が短いエキスプレス窓口で購入することができるそうです。営業時間は、Monday - Saturday - 11am to 6pm and Sunday from 11am to 4pm(2013.8)

クリスマス・スペクタキュラー
ラディオ・シティ・ミュージック・ホールのクリスマス・スペクタキュラーは、今年は11月8日から12月30日まで上演します。チケット販売開始しています。(2013.8)

ジャッキー・チェンが自伝をミュージカル化してブロードウェイで公演したいそうです。演出はもちろん彼です。観たい?(2013.6)

ブロードウェイのミュージカルや劇の興行は昨年5月から今年の5月では観客動員が6%減っているそうです。1つは昨年10月のハリケーンの影響があります。また入場料の値上げも大きな原因です。しかし9%の値上げのおかげで11億ドルの利益だそうです。(2013.5)

またスパイダーマンがマンハッタンを破壊した!!!東52ストリートの住宅やパトカーが滅茶苦茶。映画スパイダーマン2の撮影がメモリアル・デイ連休で閑散とした住宅街で行われました。(2013.5)

2011年トニー賞ミュージカル作品賞を獲得した「ザ・ブック・オブ・モルモン」は、モルモン教を風刺したコメディで、アメリカ人にはとても人気の為、現在もチケット獲得が難しい作品です。この作品を観て、モルモン教徒になった女性がいるから驚きです。(2013.5)

ヒット・ミュージカル「マンマミア」。ブロードウェイでは12年5000回のロングランを続けています。しかし現在1500席のウィンター・ガーデン劇場から座席数が少ない1186席のブロードハースト劇場へ、今週秋に移転となる計画です。(2013.5)

マンハッタンのダウンタウンにドキュメンタリー専門の映画館がオープン(2015年)します。改装された元消防署の1階です。最近ニューヨーク市内では新しい映画館がオープンしています。現在映画館の数はマンハッタン36、クイーンズ16、ブルックリン13、ブロンクス4、スタッテン島3。(2013.5)

ホテル、カーライルに10年住んでいる女優兼歌手のElaine Strich(88歳)がもうショウ・ビジネスから引退し故郷のミシガン州に帰ると決意。ホテル前には35人の従業員がお別れに並ぶ。NYに71年もいたのです。(2013.5)

2012年のNYでのテレビドラマ撮影は25作品。2001年は9作品だけだったのですが・・・。NYの娯楽産業は13万人を雇用し、71億ドルも地区の経済に貢献しています。(2013.4)

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ 」(邦題氷と炎の歌)に出演し、人気の女優エミリア・クラークが、ブロードウェイで舞台版「ティファニーで朝食を」に出演中。プレビューで彼女のヌード・シーンが話題に!翌日前売り券売り上げ大幅アップ。上演中に写真を撮った人は即刻退場とのことです。(2013.3)

ブロードウェイで2003年に終演した、「レミゼラブル」。映画化されてとても人気ですね。実は昔の舞台版の新バージョンが全米をすでに2年間巡業しているそうです。そして2014年3月にブロードウェイに戻って来る予定です。(2013.3)

ニューヨーカーの映画俳優ロバート・デニーロが彼が映画で演出した「ブロンクス・テール」をブロードウェイでミュージカル化して演出したいようです。(2013.3)

先日ブロードウェイ・ミュージカルに出演中のマシュー・ブロドリックが公演中に最前列の観客がビデオ撮影しているのを見つけ、演技を中断し、小言を言ったといいます。かつてヒュー・ジャックマンが観客の携帯電話の呼び鈴で観客にからんだことがありました。(2013.2)

トム・ハンクス主演のブロードウェイ劇「ラッキー・ガイ」の公演開始は3月1日ですが、前売り販売がイマイチだそうです。宣伝方法が悪いと言われていますし、彼の人気のピークも過ぎたとも言われています。さらに現在公演中のアル・パチーノやケイティ・ホルムズの公演も魅力なく、スター・パワーの力が落ちているようです。(2013.1)

ミュージカル「エビータ」は、主演のリッキー・マーティンなど主な役者の降板とともに1月26日に終演となります。(2012.12)

大スターが総出演するマディソン・スクエア・ガーデンのハリケーン災害チャリティ・コンサート。売り上げはすべて寄付されます。チケット額面は$150から$2500、しかし再販サイトでは$553から$60000となっています。ダフ屋の利益はもちろん寄付とはなりません。(2012.12)

半額当日券売り場として知られるTKTSが正規券の販売を開始します。しかし手数料が$4掛かります。また半額チケットに関しては、昼公演と夜公演で販売の時間が違いましたが、両方同一時間に購入できるようになります。(2012.10)

アル・パチーノがブロードウェイの舞台に出演します。映画にもなった「グレンギャリー・グレン・ロス」。映画では彼はやり手でしたが、72歳となった舞台では老け役。台詞覚えも大変なようですが、すでにチケット前売り600万ドル。彼のギャラは週13万ドルといいます。ブロードウェイでは破格です。(2012.10)

オードリー・ヘップバーン主演で有名な「ティファニーで朝食を」がブロードウェイの舞台になるそうです。来年公開予定。(2012.10)

女性に人気の演劇。しかしブロードウェイの大劇場は建物が古く、観客の大半が女性でもトイレはその人数に対応しておらず、女性には苦難。(2012.9)

トニー賞を獲得したミュージカル「メンフィス」のプロデューサーに長年連れ添った奥さんは、19歳若い女性の為に捨てられてしましたが、この離婚劇をミュージカル"Divorce- The Musical"(離婚・ザ・ミュージカル)にしてリベンジ。9月28日にTriad Theatre でオープン。(2012.8)

ボクサー、マイク・タイソンが自演するワンマンショーが、7月31日よりブロードウェイで公演されます。入場料は$75から$199。前売り販売が人気の為に、6公演が追加されて、8月12日まで公演されます。演出は、映画監督のスパイク・リー。(2012.7)

ブロードウェイ・ミュージカル「シカゴ」に、7月10日から15日までの6公演、米倉涼子さんが主演します。観に行こうか、行くまいか・・・。彼女が出演することを知らずに劇場に足を運んだ観客はどう思うか?その反応の方に興味津々。(2012.7)

チケットが取れない超人気のミュージカル「ザ・ブック・オブ・モルモン」が6月8日より金曜日の昼2pmに公演を始めた。ブロードウェイで金曜日昼に公演するのはクリスマスから新年休暇のような特別な時しかない。その代わり日曜日夜の公演がなくなります。(2012.6)

ブロードウェイで最長ロングラン記録を更新中の「オペラ座の怪人」。しかし創造者のアンドリュー・ロイド・ウェバーはこの何年もヒット作がありません。しかしかつてのヒット作「ジーザス・クライスト・スーパースター」と「エヴィータ」がまたブロードウェイで再演され、好評。(2012.3)

アメリカ・テレビ業界2011年シーズンは、ニューヨークで撮影された主要番組が23と過去最高でした。(2012.1)

ブロードウェイの王者ヒュー・ジャックマンのワンマンショーは完売で、とても高いプレミア価格がつくほどです。またチャリーに寄付をする為に、彼の直筆サイン入りポスターなどが販売されます。1番人気は彼が当日公演中に着たシャツのオークション。先日スカーレット・ジョハンソンは3千ドルを賭けましたが、ウマ・サーマンに負けました(3万ドル)。(2011.12)

11月制作費7500万ドルという途方もないミュージカル、スパイダーマンの発案者であり、ディレクターのジュリー・テイモア(ライオンキングの演出家、デザイナー)は問題ありとされ、追い出されたが、著作権料を払えと訴えた。(2011.11)

エンパイア・ステイト・ビルの照明は理由があると色が変わる。祭日は国旗の青、白、赤。ミュージカル「スパイダーマン」がその公開日6月14日に、青と赤の照明を申請したところ、舞台で登場するクライスラー・ビルをエンパイア・ステイト・ビルに変更しなさい、と返答。今更変更できる訳はない。(2011.6)

ミュージカル「努力しないで出世する方法」の100回目公演は、開演直前に裏方が死亡した為にキャンセルとなりました。主演のダニエル・ラドクリフとジョン・ラロケットが舞台に上がり、観客に理解を求めました。(2011.6)

2人のモルモン教徒がウガンダに布教に行くの話をミュージカル化した「ザ・ブック・オブ・モルモン」は、今年のトニー賞で作品賞を含む9部門を受賞。この人気にあやかり、モルモン教会がタイムズ・スクエアに巨大広告を出した。キャッチフレーズは、「私はモルモン教徒です。」(2011.6)

ミュージカル「ワンダーランド」は、批評家受けが悪く、集客ができずに2ヶ月持たずに終演しましたが、最終公演のカーテンコール時に主演男優が主演女優にプロポーズ。ハッピー・エンディング。(2011.5)

ブロードウエイ・ミュージカルの劇場、公演時間、入場料等の情報

ブログ:
ニューヨーク大好きより
TKTSの販売変更(2012.11)
ディズニー・ミュージカル、「アラジン」(2014.4)
ブロードウエイのロングラン(2011.10)
ミュージカル、「アメリカン・イディオット」(2011.2)
ミュージカル、「メンフィス」(2011.1)
2010年末ブロードウェイは好景気(2011.1)
ミュージカル、「ロック・オブ・エイジズ」(2010.11)
公演中の携帯電話は恐ーい(2010.10)
アポロ・シアターのウォーク・オブ・フェイム(2010.6)
ブロードウエイで映画スターを観る(2010.5)
「スパイダーマン」に助けを(2010.3)
ミュージカル・チケット購入日本語申し込みカード(2010.3)
ミュージカル公演日時の不定期性(2009.8)
TKTS売り場が完成しました(08.10.18)
ミュージカル舞台化された映画(2007.5)
ミュージカル「メリー・ポピンズ」を観る(2007.3)
ブロードウェイ・ミュージカルの観劇法(2007.3)


主な演劇賞
2015年度トニー賞
2013年度トニー賞
2012年度トニー賞
2011年度トニー賞
2010年トニー賞
2009年トニー賞
2008年アウター・クリティック・サークル賞発表(08.5.14)
2007年トニー賞発表
2007年ドラマ・ディスク賞発表(07.5.30)
2007年度アウター・クリティック賞
2006年度トニー賞
2006年ドラマ・リーグ賞発表
2005年度トニー賞
2004年度トニー賞
ブロードウエイの祭典、2004年度トニー賞
2004年度トニー賞以外の演劇賞
2003年度トニー賞
2002年トニー賞


●過去の情報
ミュージカルのチケットが$450に!(07.7.11)
TKTS(チケッツ)半額当日券売り場が引っ越し(古い)(06.4.28)
ブロードウエイ最新情報(07.2.24)
ブロードウエイの売り上げが史上最高に!(07.1.3)
ブロードウエイの新再演ミュージカル(06.11.12)
ブロードウエイ・ミュージカル春の新作情報(06.4.16)
ストンプ5000回公演達成(06.1.31)
厳しいショービジネス:「イン・マイ・ライフ」の終演(05.12.6)
「オペラ座の怪人」のロングラン新記録(05.12.5)
映画スターのブロードウエイ出演ギャラは?(05.8.30)
ブロードウエイ・ミュージカルの選び方(05.8.5)
ミュージカル観劇記(05.6)
ミュージカル観劇記(05.1)
ミュージカル観劇記(04.9)
観劇ガイド(04.1)
2004年ドラマ・リーグ賞
ブロードウエイ情報2003年版
ニューヨーク演劇情報2003年4月版
最新ブロードウエイ・チケット入手情報2003年3月版



●ニュース


リンカーン・センターのフリー・コンサート
7月26日より、リンカーン・センター野外でフリー・コンサートが開催されます。8月13日まで。(2017.7)

セントラル・パークで無料シェークスピア劇を
7月11日から8月13日まで「真夏の夜の夢」がデラコルテ劇場で上演されます。(2017.7)

ジャズ・フリー・コンサート
7月5日より、ジャズ・モービルが主催するフリー・ジャズ・コンサートが8月30日までマンハッタン内で開催されます。(2017.7)

ミッドサマー・ナイト・スウィング
6月27日より、リンカーン・センターの特別野外ステージでダンス・フェティバルがあります。日替わりで音楽が替わります。7月15日まで。(2017.6)

フリー・コンサートが始まりました
セントラル・パークやブルックリンのプロスペクト・パークでの恒例のフリー・コンサート他、たくさんの公園や広場で音楽、ダンス、映画などの無料娯楽が開催されます。(2017.6)

ニューヨーク・フィルハーモニックのフリー・コンサート
6月13日のブロンクスを皮切りに、14日セントラル・パーク、15日クイーンズ、16日ブルックリン、18日スタッテン島で開催されます。(2017.6)

野外シェークスピア劇
5月23日よりセントラル・パーク内の野外劇場で無料のシェークスピア劇が公演されます。題目は、「ジュリアス・シーザー」で6月18日まで公演され、7月11日から8月13日までは「真夏の夜の夢」が上演されます。(2017.5)

アメリカン・バレエのシーズン開始
5月15日、アメリカン・バレエのシーズンがリンカーン・センターで始まります。7月9日まで。(2017.5)

ダンス・パレード
5月20日に恒例のダンス・パレードが開催されます。1pmにブロードウェイ21ストリートからダンス団体がダンスをしながらトンプキン・スクエア・パークまで行進します。メイン会場の同パークでは舞台が設置され、3pmから7pmまで参加団体のダンスを楽しめます。。(2017.5)

ニューヨーク・シティ・バレエ・春季シーズン開始
4月18日から5月28日まで、リンカーン・センターで公演されます。(2017.4)

トライベッカ映画祭
4月19日より30日まで。トライベッカ地区を中心に市内劇場で開催。(2017.4)

メトロポリタン・オペラのシーズンが終了
5月13日、メトロポリタン・オペラの2016 - 2017シーズンが終了します。(2017.4)

オフ・ブロードウェイ・ウィーク
2月27日の公演日から参加するオフ・ブロードウェイの公演が1枚の料金で2枚購入可能。3月12日までの公演に対応します。(2017.2)

シティ・バレエ・冬季シーズン開始
1月17日よりリンカーン・センターで開始されます。2月26日まで。(2017. 2)

ブロードウェイ・ウィーク
1月17日から2月5日までのブロードウェイの作品が1枚の料金で2枚購入できるキャンペーンを開催します。(2017. 2)

ビッグ・アップル・サーカスが倒産
リンカーン・センターにテントを張って公演していた、冬の定番ビッグ・アップル・サーカスが倒産してしまいました。(2016.12)

アメリカン・バレエ・シアター秋シーズン開始
10月19日、アメリカン・バレエ・シアターの秋シーズンがリンカーン・センターで開始です。30日まで。(2016.10)

ニューヨーク・シティ・バレエ2016-2017シーズン開始
9月20日、ニューヨーク・シティ・バレエのシーズンが始まります。10月16日まで。(2016.9)

ニューヨーク・フィル2016-2017シーズン開始
9月21日(火)、ニューヨーク・フィルのシーズンが始まります。

メトロポリタン・オペラ2016-2017シーズン開始
9月26日、メトロポリタン・オペラのシーズンが始まります。2017年5月13日まで。(2016.9)

オフ・ブロードウェイ・ウィーク
9月26日から10月9日までオフ・ブロードウェイ・ウィークが開催されます。この期間の公演が1枚の料金で2枚購入できます(2016.9)

ブロードウエイ・フリー・マーケット
9月25日、ブロードウエイ・フリー・マーケットがタイムズ・スクエアのシューベルト・アリーで開催されます。10amかr7pmまで。(2016.9)

ジャージー・ボーイズ終演
ジャージー・ボーイズが来年1月15日に終演予定と発表しました。11年のロングランで4642公演。(2016.9)

ブロードウェイ・ウィーク
1枚の料金で2枚購入できるブロードウェイ・ウィークが始まっています。9月5日から18日までの公演です。(2016.8)

リンカーン・センターのオペラ映画無料上映
8月26日より、リンカーン・センターで恒例のオペラの映画無料上映が開催されます。作品は「フィガロの結婚」、「道化師」など。座席は早い者勝ち。9月5日まで。(2016.8)

「ミスサイゴン」が再演
2017年3月1日より、ブロードウェイでミュージカル「ミスサイゴン」が再演を開始します2018年1月までの期間限定。(2016.8)
(2016.8)

「パリのアメリカ人」の終演予定
観客動員次第で興行終了日が変わるブロードウェイでは、2017年1月1日に終演と発表していた「パリのアメリカ人」が10月9日に終演となってしまいました。「レミゼラブル」は9月4日、「屋根の上のバイオリン弾き」は12月31日に終演予定です。(2016.8)

シェイクスピア・イン・ザ・パーク
7月19日より、セントラル・パーク内のデラコルテ劇場でシェイクスピアの「トロイラスとクレシダ」が開始されます。無料です。8月14日まで。(2016.7)

アウト・オブ・ドアズ・フェスティバル
7月20日より、リンカーン・センター野外劇場でフリー・コンサートが開始されます。8月13日まで。(2016.7)

モマのフリー・コンサート
7月31日までの毎週日曜日8pmにモマの彫刻庭園でフリー・コンサートがあります。ジュリアード音楽学院やジャズ・アト・リンカーン・センターが演奏します。(2016.7)

フリー・ミュージカル・ナンバー・コンサート
7月7日より毎週木曜日12:30pmから1:30pmに現在公演中と上演予定のブロードウェイ・ミュージカルの曲がブライアント・パークで披露されます。(2016.6)

夏の夜を踊る
6月21日より、リンカーン・センターの野外劇場でミッドサマー・ナイト・スィングというダンス・パーティが開催されます。ダンス・レッスン付き入場料$17。7月9日までの火から土曜日。音楽開始は7:30pmから。(2016.6)

メトロポリタン・オペラのフリー・コンサート
22日8pm、セントラル・パークのラムジー・プレイフィールドで開催。24日7pmはブルックリン橋パーク、7月7日スタッテン島クローブ・レイク・パーク、9日ハーレムのジャッキー・ロビンソン・パーク、11日クイーンズ区ソクラテス・スカフプチャー・パーク。(2016.6)

トニー賞授賞式
6月12日、ラジオ・シティ・ミュージック・ホールでブロードウェイ演劇の祭典トニー賞授賞式が開催されます。(2016.6)

ニューヨーク・フィルの無料野外コンサート
6月15日と16日にセントラル・パークで開催されます。また17日にはブルックリン、20日にはクイーンズ、21日ブロンクスの公園でも開催されます。(2016.6)

サマー・ステージ開始
6月4日より、セントラル・パークの野外ステージ、ラムジーフィールドで無料のコンサート、ダンスなどが開催されます。8月まで。(2016.5)

第10回ダンス・パレード
5月21日、恒例となったダンス・パレードが開催されます。ブロードウェイの21ストリートを1pmに出発し、トンプキンズ・スクエア・パークまでいろいろなダンス団体がダンスをしながら行進します。トンプキンズ・スクエア・パークでは、3pmから7pmまで舞台上でダンスが公演されます。(2016.5)

ダンス・パーティ
6月22日までの毎週水曜日6pmから8:30pmまで、ブライアント・パークでダンス・パーティがあります。太陽の下、気楽にライブバンドに合わせて踊るものです。(2016.5)

ピアノ・イン・ザ・パーク
9月30日までの月から金曜日、12:30pm-2:30pmにブライアント・パークでピアノ演奏があります。出演者は週替わりです。(2016.5)

セントラル・パークでシェークスピア
5月24日よりセントラル・パークの野外劇場でシェークスピアの「じゃじゃ馬馴らし」が上演されます。6月26日まで。(2016.5)

アメリカン・バレエ・春季シーズン開始
5月9日からリンカーン・センターで開始されます。7月2日まで。(2016.4)

渡辺謙が復帰
3月17日より、渡辺謙さんが昨年トニー賞主演男優賞にノミネートされた、リンカーン・センター「王様と私」の主役に1ヶ月間の限定復帰。4月17日。(2016.3)

ニューヨーク・シティ・バレエ冬季公演
1月19日より2月22日まで、リンカーン・センターで開催されます。(2016.1)

ブロードウェイ・ウィーク
ブロードウェイのチケット1枚分で2枚購入できるブロードウェイ・ウィークが1月19日から3月5日までの公演に関して開催中です。(2016.1)

ビッグ・アップル・サーカス
10月21日からリンカーン・センターで特設テントを建設して公演します。2016年1月10日まで。(2015.10)

メトロポリタン・オペラ
2015-2016シーズンが開始されました。2016年5月8日まで。(2015.10)

カーネギー・ホール
2015-2016シーズンが10月7日に開始されます。2016年5月8日まで。(2015.10)

ニューヨーク・シティ・バレエ秋季公演
2015年秋季シーズンが開始されました。10月18日まで。(2015.10)

ニューヨーク・フィルハーモニック開始
2015-2016シーズンが9月24日に開始されます。2016年5月8日まで。(2015.9)

フォール・フォア・ダンス・フェスティバル
9月30日より、シティ・センターでダンス・フェスティバルが開催されます。全席$15。日替わりで20のダンス・カムパニーが出演します。10月11日まで。(2015.9)

オフ・ブロードウェイ・ウィーク
9月21日から10月4日の公演が1枚のチケット代で2枚購入できます。(2015.9)

マンマミア終演
9月12日に終演しました。ブロードウェイで14年間5773回の公演を達成。(2015.9)

シェークスピア・イン・ザ・パーク
7月23日から8月23日まで、セントラルパーク内デラコルテ劇場にて無料野外シェークスピア劇「シンバリン」が公演されます。(2015.7)

ブロードウェイ・ウィーク
参加劇場では、9月7日から20日に公演されるブロードウェイ公演がチケット1枚の料金で2枚購入可能となります。チケットは限定販売です。8月19日から販売開始。(2015.7)

アメリカン・バレエ春季シーズン終了
7月4日に、リンカーン・センターで公演中のアメリカン・バレエ春季シーズンが終わります。(2015.6)

ブロードウェイ・ミュージカルのコンサート
7月9日12:30pmより、毎週木曜日にブライアント・パークでブロードウェイのミュージカル・ナンバーが歌われます。8月13日まで。(2015.6)

ミッドサマー・ナイト・スウィング
6月23日から7月11日まで、リンカーン・センターの野外ステージでライブバンドによる演奏で踊ることができます。(2015.6)

NYフィルのセントラル・パーク公演
6月17日と18日8pmよりセントラル・パークのグレート・ローンで公演があります。(2015.6)

メトロポリタン・オペラのセントラル・パーク公演
6月15日8pmよりセントラル・パークのラムジー・フィールドで公演があります。(2015.6)

トニー賞発表
6月7日、ラジオ・シティ・ミュージック・ホールで開催されます。(2015.5)

渡辺謙がトニー賞候補に
ミュージカル「王様と私」に主演している渡辺謙が今年度のトニー賞主演男優賞にノミネートされました。共演のケリー・オハラ及び演出家、再演作品賞など9部門で候補になっています。発表は6月7日。(2015.4)

オフ・ブロードウェイ・ミュージカル「ファンタスティックス」継続
公演55年間周年目の5月3日に終演を予定していたオフ・ブロードウェイ・ミュージカル「ファンタスティックス」に匿名の寄付者が2名出現。公演は今後も続くこととなりました。(2015.4)

ミュージカル「マンマミア」が終演
人気ミュージカル「マンマミア」が9月5日に閉演となりました。ブロードウェイでは2001年10月18日から公演を開始し、5765公演というロングランで終演予定。(2015.4)

シティ・バレエ春季シーズン開始
4月28日から6月8日まで、リンカーン・センターで公演します。(2015.4)

世界最長公演終演
ミュージカル「ファンタスティックス」って、まだやってたの?オフ・ブロードウェイで1960年5月3日にグリニッジ・ビレッジの小さな劇場で初演し、劇場を変え、最後はブロードウェイ50ストリートにある建物の3階、ジェリー・オーバック劇場で5月3日に20,672回公演をもって終了します。(2015.3)

ミュージカル「キャバレー」終演
定期的に公演を行っているミュージカル「キャバレー」が3月29日に終演します。(2015.3)

渡辺謙主演のミュージカル
3月12日に渡辺謙さん主演のリンカーン・センター「王様と私」のプレビュー公演が開始されました。本公演オープンは4月16日。7月まで出演予定。(3/2015)

オフ・ブロードウェイ・ウィーク
オフ・ブロードウェイの公演が1枚の料金で2枚購入可能。人気の「ブルーマン」、「ストンプ」、「フエルサ・ブルタ」、「アベニューQ」などが参加しています。2月23日から3月8日まで。(2/2015)

ミュージカル「イフ/ゼン」が終演
ミュージカル「イフ/ゼン」が3月22日に終演となります。(2015.2)

ミュージカル「モータウン」
1月18日に終演していました。現在全米ツアーやロンドン公演中。2016年7月にまたブロードウェイに戻ってくる予定。(2015.2)

ブロードウェイ・ウィーク
ブロードウェイのチケット1枚分で2枚購入できるブロードウェイ・ウィークが1月20日から2月5日の公演に関して開催中です。(2015.1)

ブロードウェイ2014年度過去最高
2014年度のブロードウェイの売り上げ13億6200万ドル、観客数1313万人は過去最高でした。(2015.1)

シンデレラ終演
ミュージカル「シンデレラ」が、1月3日に終演しました。(2015.1)

ジャズ・フェスティバル
1月8日から10日までブルーノートなどで開催されます。
http://www.winterjazzfest.com(2015.1)

ニューヨーク・シティ・バレエ冬季公演
1月20日より3月1日まで、リンカーン・センターで開催されます。(2015.1)





過去のニュース:

2013年/2012年/2011年

2010年/2009年/2008年

2007年/2006年/2005年

 

 ホーム | ブログ | ニューヨーク観光ツアー | ミュージカル・チケット手配 | サイトマップ | 問い合わせ